脇汗で悩んでいる男性にオススメの対策はコレ!

【スポンサードリンク】

 男性の方々で、特に夏場の脇汗の汗染みでお悩みではありませんか?

 脇汗で悩んでいる方って、予想以上に多いのではないかと思っています。

 特に夏場は、脇汗をかくことでニオイや汗染みなどは特に気になりますよね。

 どちらかというと、女性よりも男性の方が脇汗をかきやすいと言われており、男性も脇汗対策を行っていくことは必要です。

 ただ、どのように脇汗対策をしていけば良いのか悩みますよね?

 そこで今回は、男性にオススメの脇汗対策をご紹介していきます。

脇汗をかく原因

 汗をかく場面は、たくさんあります。

 全身に汗をかいて体温調節を行っているのですが、特に脇の下は汗腺が多く集まっており、より多く発汗しています。

 脇の下の汗は、大量でありまたべとついてしまうことがほとんどです。

 適切に対応しないと、汗染みやニオイの原因となるので、対策は重要になってきます。

 まずは、脇汗が出てくる原因をいくつかご紹介していくので、ご自身に当てはまるかどうか確認してみてください。

  • 温熱性発汗
  • 遺伝や小さいころの環境
  • ストレス
  • 食生活
  • 肥満・運動不足

【温熱性発汗】

 この場合の汗は、運動をしたり日常生活で行動しているときに出てくる汗です。

 一般的な汗なので汗の原因としても、体温を調節するのに重要な発汗なので、正常な汗のかきかたと言えます。

【遺伝や小さいころの環境】

 親や祖父母の代までさかのぼり、汗をかきやすい体質であったり、ワキガであったりすると子供に遺伝すると言われています。

 また、汗腺は3歳までの生活環境に影響すると言われています。

 3歳までに暑いところで汗をたくさんかいていると、汗腺が発達して汗をかきやすいと言われています。

 また逆に寒冷地や汗をかかない生活をしていると、汗をかきづらい身体になると言われています。

【ストレス】

 ストレスや精神的な不安や緊張などで、汗をかくことがあると思います。

 精神的なストレスが過剰に反応することで、汗が多くなり皮脂の分泌も多くなるので、ニオイの原因となります。

【食生活】

 脂っこいものや肉食の食事が増えてきている日本人ですが、このように欧米化した食事によって、汗のニオイや量が増える原因となっています。

 また、香辛料やコーヒーなどのカフェインの取り過ぎもよくないとされています。

【肥満・運動不足】

 肥満や運動不足になると、体内の脂肪が燃焼されず熱が体内にこもりやすくなります。

 そして、体温が上昇して大量の汗となり放出されます。また、脂肪が多いとニオイもきつくなります。

【スポンサードリンク】

男性の脇汗対策

  • 制汗剤を使用する
  • 汗をこまめに拭く
  • 脇毛の処理をする
  • 通気性の良いインナーや服を着用
  • 脇あせパッドの使用

【制汗剤を使用する】

 制汗剤には、様々なタイプのものが売っています。

 スプレー、クリーム、ロールオン、シートタイプなど様々です。

 ドラッグストアーやコンビニなどでも手軽に購入出来て、簡単に使うことが出来ます。

 メンズ用もたくさんあるので、自分にあったものを探してみてください。

【汗をこまめに拭く】

 汗が出てくるのは、人間の生理現象なので仕方ない事です。

 ですので、汗が出てきたらこまめに拭くなどして清潔を保ちましょう。

 汗を拭くときですが、出来れば水で濡らしたタオルで拭くと良いでしょう。

 適度に湿ったタオルで拭くと爽快感もありますし、拭いた後に適度に水分が残ってるので、次に汗をかきにくくなります。

 乾いたタオルしか用意出来ない場合には、強く拭いてしまうと、再び汗がでてくるので優しく拭き取りましょう。

【脇毛の処理をする】

 男性は、ホルモンの関係上脇毛が生えてきます。

 脇毛があると、そこに汗が付着することで雑菌の繁殖がしやすくなり、ニオイの原因にもなります。

 脇を全て処理すると男性らしさが失われてしまうので、量を薄くしたり適度に処理することをオススメします。

【通気性の良いインナーや服を着用】

 汗を吸収しやすい素材や、通気性が良い素材の服を使用することで、脇汗を目立ちにくくします。

 また、色にも注意すると良いでしょう。

 濃い色は避けて、出来るだけ白に近い色を選ぶと脇汗が目立たないでしょう。

【脇あせパッドの使用】

 男性用の脇あせパッドも市販されています。

 女性用のものより汗をたくさん吸収してくれて、パッドの面積もやや大きめです。

 洋服にパッドをつけるのに抵抗がある方は、インナーに汗取りパッド付のものを探してみると良いでしょう。

病院で治療することも必要な場合もある

 多汗症や、その他疾患で汗が多くでることもあります。

 こういった方は、病院で治療が必要となってくるケースがあります。

 病院では、注射法や内服薬、外用薬などその患者に合わせた治療法が選択されるので、異常なほどの脇汗で悩んでいる場合には、1度皮膚科などを受診してみましょう。

 悩んでいるだけでは解決しませんので、信頼できる人に相談するなり行動してみましょう。
 
  

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ