ネットバンキングは、銀行のATMと比べてどのような便利な点がありますか?

【スポンサードリンク】

 ネットバンキングという言葉を聞いたことはございますか?

 最近では、銀行よりもネットバンキングをメイン銀行としている人も多くなってきました。

 さらに、いままでの大手銀行もネットバンキングに力をいれて、サービス強化を行っているようです。

 そして、ネットバンキングが普及してきている背景には、直接銀行のATMに行くよりも便利であることが一番にあげられるようです。

 では具体的にいうと、どういった点が便利なのでしょうか。

 便利な点を知ればネットバンキングを使用したことがない人も、ネットバンキングを利用してみようと思うかもしれません。

 そこで今回は、銀行のATMと比較してネットバンキングの便利な点をご説明していきたいと思います。

ネットバンキングとはどんな銀行?

 ネットバンキングですが、一言で表すと文字通りインターネット上の銀行です。

 普通の銀行だと本店や支店に足を運び、ATMや窓口を介して振り込みや出金など行います。

 しかし、ネットバンキングはインターネット上に銀行があるので、携帯やパソコンで用事が済むのです。

ネットバンキングが便利な点

  • ATMに行かなくて良い
  • 振り込み手数料が安い
  • 24時間OK
  • 金利が一律ではない

【ATMに行かなくて良い】

 ネットバンキングは、携帯やパソコンなどでインターネットが出来る環境であれば、ATMに行かずとも振り込みや振替、定期預金などの今まで銀行でしか出来なかった取引が自宅などで行えるのです。

 ATMに行かないで取引が出来れば、時間や天気なども気にせずに取引が出来るので便利ですよね。

【振り込み手数料が安い】

 ATMで振り込むより、手数料が安い場合が多いのも特徴です。

 また、振込手数料ゼロキャンペーンや、無料で取引できる回数も多く設定されていることがあるので、お得に利用できるのが良いところです。

【24時間OK】

 銀行にあるATMは取引時間が決められていますが、ネットバンキングは時間はいつでもOKです。

 忙しくて銀行に行けなかったり、銀行が遠くてなかなか行けないという人にはとても便利です。

【金利が一律ではない】

 銀行では人件費や維持費などのコストが大きな金額としてかかりますが、ネットバンキングは銀行より低コストで運営がされています。

 そのため、銀行では金利が一定ですが、ネットバンキングは低コスト分を還元しているので、金利がやや高くつきます。

 また、季節によって金利アップキャンペーンなども行われていることもあって、ネットバンキングに預けている方が良いこともあります。

【スポンサードリンク】

ネットバンキングで注意しないといけない点

  • 通帳がない
  • 現金の入金や出金はネット上では出来ない
  • IDやパスワードが必要
  • 不正出金などのトラブルが起こる可能性

【通帳がない】

 銀行ではもちろん通帳がありますが、ネットバンキングにはありません。

 通帳がないので、ネット上に表示されるWeb明細で確認するしかありません。

 しかも、多くのネットバンクでは、この明細はさかのぼって15ヶ月前までしか表示されないのです。

 改善に向けて動いている銀行もあるようですが、まだまだ全てのネットバンキングが対応出来るまでには時間がかかるようです。

 表示が見れなくなって困る場合は、画面を保存しておく必要があります。

【現金の入金や出金はネット上では出来ない】

 さすがに、現金での入出金はネット上では出来ないので、実際にATMに足を運ぶしかありません。

 しかし、銀行だけではなく今ではコンビニにATMがあるので、そのATMでも可能です。

 現金の取り扱いはATMを使わないといけませんが、銀行窓口ほどの手間も時間もかからないのではないでしょうか。

【IDやパスワードが必要】

 ネットバンキングを利用する場合には、セキュリティの関係上IDやパスワードなどが必須となってきます。

 不正を防止する意味で長く複雑にパスワードをするのが重要なのですが、その分忘れてしまうと取引が出来なくななってしまいます。

 また、カスタマーセンターに問い合わせをして、再設定しなくてはいけないなど面倒なこともあります。

【不正出金などのトラブルが起こる可能性】

 いくらセキュリティが十分な銀行だからといっても、不正出金などのトラブルがいつ起こるか分かりません。

 最近はネットバンキングの急増に伴い、不正出金の件数も増えてきているそうです。

 パソコンや携帯のウイルス対策はもちろんのこと、他人にIDやパスワードを教えないことや、取引の際にでる暗号化通信の証明を確認したりするなど、自分で出来る事をきちんとしましょう。

 便利になればなるほど、自分自身でいろいろなものを守るという行為が必要になってきます。

 特に、お金に関してはトラブルに巻き込まれたくはありませんので、IDやパスワードの管理には十分に気を付けましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ