自転車の鍵を紛失!!簡単な壊し方を教えます。

【スポンサードリンク】

 駅まで自転車に乗って行き、駐輪場にとめて自転車にはしっかりと鍵をかけてから、鍵をバックやポケットにしまったまま数時間。

 いざ帰ろうと自転車の鍵を探すも見つからない・・・。

 時間をかけて探しても、鍵が見つかることはなく、帰るに帰れなくなった経験はありませんか?

 自転車の鍵は小さいので意外と紛失しやすいんです。

 鍵を紛失してしまったからといっても、自転車を放置していく訳にもいきません。

 そのような場合は、自宅へ合鍵を取りに行くか、鍵を壊してしまうかの二つの選択肢が思い浮かぶと思います。

 今回は壊すことを選択した場合なのですが、そんなに簡単に壊すことができるのでしょうか?

 今回は、自転車の鍵の簡単な壊し方についてご紹介します。

自転車の鍵の開け方

 自転車の鍵にも色々ありますが、今回は最も一般的な自転車の鍵についてご説明します。

 ママチャリなどについている鍵なのですが、馬蹄錠と言ったり、リング錠と呼ばれて主に自転車のタイヤの後輪に輪をかけるタイプの鍵です。

 おそらく一般的に普及されている自転車は、このタイプかと思います。

 このタイプの鍵なら、あるものを使えば簡単に鍵があきます。

 では、実際に鍵の開け方について方法を説明していきます。

あるものの正体はビニール傘

 なんとビニール傘で鍵が開いてしまうのです。

 手元に傘がない場合には100円ショップやコンビニなどで手に入れましょう。

 ビニール傘のどこを使うかということですが、持ち手の上の部分の、開閉のときにつかう金属の部分を使います。

 この金属部分を取り出すと、形状が自転車の鍵と似ているのです。

 取り出し方は簡単で、まず、傘の柄をおります。

 傘の柄は足で踏みながら折り曲げると、女性でも簡単に外せます。

 その後、傘先をもって金属部分を引っ張ると鍵の形状に似た『鍵傘』といいものが出てきます。

 もし、引っ張っても取れない場合はペンチやニッパーなどを使用してください。

《使い方》
①取り除いた金属の幅の広い方を自転車の鍵の部分に軽く入れる
②出来るだけタイヤの内側の方向に差し込む
③差し込んだ金属をもち自転車の本体側に強く押し込む
①~③の手順で開くはずです

【スポンサードリンク】

自転車の鍵を壊す場合

 先ほどの上記で説明した場合は鍵を壊すというより開けるという方法です。

 自転車の鍵を壊すようなときには、ニッパーを使えば鍵を壊すのは比較的簡単です。

 上記のように傘を使用して鍵が開かなかった場合には、鍵を壊す方法を選択するしか、即解決する方法はありません。

 用意するものは、ミゼットニッパーというニッパーのなかでもやや強いものです。

 ホームセンターや100円ショップなどで購入できます。

 そのニッパーを使って、後輪についているリング状とつながっている自転車の金属の棒をぱちんと切ります。

 少し力がいりますが、女性の力でも壊すことは可能です。

 棒を切断すると鍵の機能が壊れて、タイヤが回るようになります。

 タイヤが回れば自転車が動くようになるので、後日お店で鍵を交換してもらえれば元通りになります。

 また、鍵のタイプがワイヤータイプの鍵の場合にも、ワイヤーを切れば鍵を壊せるので鍵の種類によって使い分けましょう。

防犯登録はしていますか?

 鍵を壊したり、鍵を鍵以外のもので開けようとしたときに、その自転車が自分のものと証明できますか?

 自転車には防犯登録が必要です。

 防犯登録をしておけば自転車が自分の所有物であることも証明できます。

 防犯登録をしていない自転車の鍵を壊そうとしていたときに警察に見られたり、他の人から声をかけられたときには、この自転車は自分のものだと説明しなくてはなりません。

 ただ、鍵を壊そうとしているので、簡単には信用してもらえずに最悪大きなトラブルに発展してしまうかもしれません。

 いくら自分のものと言い張っても、自分のものと証明ができない以上、窃盗行為と同じ扱いになってしまいます。

 そうならないためにも、自転車の防犯登録はしておいたほうが良いでしょう。

 安価なのもですので、ケチらずにお早目の登録をお勧めいたします。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ