アメーバでブログの始め方を教えます。初心者の方へ事前準備から初記事まで教えますよ。

【スポンサードリンク】

6efa142d9a11c92b87401a148205dea5_s

 無料ブログで有名なアメーバブログ。

 CMなどでも宣伝しているので1度は聞いた事があると思います。

 芸能人が一番多く利用しているのが「アメーバブログ」とも言われています。

 あなたも、もしかしたら今までにアメーバブログに興味は持っていたものの、やり方が分からなくてなかなか始められなかったのかもしれません。

 そこで、多くの始め方が分からなくて諦めていたり、また、これからブログを開設してみようかなと思っている方に向けて・・・。

 今回は、アメーバでブログの始め方を教えちゃいたいと思います。
 
 初めての方がだれもがとまどう事前準備から、ブログを初めて投稿するまでの基本的な流れを説明させて頂きます。

 すぐに慣れると思いますので、慣れてきたら色々な事に挑戦してみてくださいね。

アメーバブログを始める前に

 アメーバブログを始める前には必ず会員登録をしなくてはいけません。

 ブログを始めるときにアメーバIDとパスワードが必要になってくるのです。

 そのIDやパスワードを決めるために、まず会員登録をするのです。

 会員登録の仕方はとても簡単です。

 手順を以下でご説明します。

《アメーバ会員登録の仕方》

①アメーバブログのHPへアクセスする。(http://www.ameba.jp/)
②アメーバ会員登録のボタンをクリック
③ユーザー情報の入力ページへと移動する
④アメーバID、パスワード、メールアドレス、ニックネームを入力する
⑤全て入力したら確認画面へをクリックする
⑥利用規約が表示される
⑦問題がなければ利用規約に同意して登録をクリック
⑧登録されたアドレスに本登録用URLが記載されたメールが届く
⑨メール内の指定されたURLをクリック
⑩会員登録完了

会員登録時の注意点

 アメーバIDは他の人と重複してるものは登録出来ません。
 
 他の人が使用しているかが分かるので、アメーバIDの欄の横にIDチェックがあるので入力したらチェックするようにしましょう。

 また、仮登録メールを受信したあと、24時間以内に本登録をおこなわないと無効になってしまい、再度登録しないといけないので、時間に余裕のある時に行いましょう。

【スポンサードリンク】

会員登録が出来たら

 会員登録が出来ると『さっそく管理画面へ移動』という表示がされ、クリックすると基本情報が表示されるトップ画面に移動します。

 このトップ画面には様々な情報が載っています。

 ブログの設定をしたり、アメーバブログからのお知らせが載っていたり、自分のブログが作成出来たりとブログの基本となるページがこのトップ画面となります。

トップ画面が出てきたらまずログイン・ログアウトの練習を

 ブログを作成する前に必ず行ってほしいのが、ログインとログアウトです。

 ブログを書く際にはログインとログアウトをするようになります。

 自分1人で使用しているパソコンならログアウトしなくても基本大丈夫ですが、家族や他の人などで共有している場合には、ログインしたままでいると勝手に操作されてしまう可能性があります。

 ログインとログアウトはセキュリティを守るためにも、重要な事です。

 ですので、まずトップ画面に切り替わったら、1度ログアウトをしてみましょう。

 ログアウトするところは、トップ画面の右上にあります。

 そこをクリックすると、ログアウト完了です。

 その後また、ログイン画面が開けるので登録したログインIDとパスワードを入力し、トップ画面を開きましょう。

初投稿してみよう

 トップ画面の上の方に緑色で囲ってあるアメブロというタグをクリックします。

 そうすると、記事が書ける画面へ切り替わります。

 切り替えが出来たら、いよいよ記事の作成開始です。

 初めは何を書いて良いか迷いますが、記事のテーマは自由です。

 何か思っている事、日常のこと、何でもOKです。

 慣れてきたら、テーマを決めて書いていけるようになるといいですね。

 たくさんの人が読んでくれて、記事の面白さに興味を持ってくれる人が出てくると、その人たちがあなたのブログを読者登録してくれて毎回新着記事を読んでくれるようになります。

 投稿の手順は、まずタイトルを書いて本文を入力します。そして、全員に公開というボタンをクリックすれば初投稿完了です。

 ちなみに、一気に書けなかったり、ゆっくり書きたいという場合には下書き(非公開)をクリックすれば、一時保存が出来ます。

 保存したものを編集する場合は、アメブロタブをクリックして、アメブロを書くというタブをクリックします。

 その後、記事の編集をクリックすると保存したものが出てくるので、それを選択すると再び書き始めることが出来ます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ