パートのための履歴書、学歴はどこから書くのが正しいのか?主婦のための履歴書を書くコツを教えます。

【スポンサードリンク】

1f76abca38e5eb5e51e792b5e220c76b_s

 お子様が小学校高学年になって来て、学費を稼ぐためにパートで働こうかな?と考えて始めている主婦の方々!

 あるいは、子育てが終わって時間を持て余しているので、何か仕事でもしてみようかとお考えの主婦の方々!

 パートで働くには、まず履歴書を作成しなくてはいけないですよね。

 でも、かなり久しぶりに書くので、どう書けば良いか戸惑うことも多いと思います。

 特に学歴の欄はずいぶん昔のことですし、学歴と言っても学校に通っていた時期は長いので細かく書いた方が良いのか、省略してよいのか?

 考えてはみても、どこから書けば良いか分からない!!というそんなお困りの主婦の方に、

 『今回は履歴書の学歴はどこから書くのが正しいのか?』主婦の方々をを対象にした、履歴書の作成方法をお教えいたします。

 

履歴書を書く前に準備を!!

 履歴書を書く前にはいくつか準備物があります。

  • 履歴書
  • 筆記用具
  • 証明写真
  • 印鑑
  • 学歴などに記載する情報を集める

 
【履歴書】

 履歴書はコンビニや書店、百円均一などにも売っています。

 サイズや記入項目など応募先の条件に合ったものを使用しましょう。

 最近では、ネットで履歴書も作成出来ますので、パソコンを使える方は使ってみると凄く便利です。

 ただ、履歴書は手書きのものを要求する会社もございますので、その辺りは応募前に確認しておくといいでしょう。

【筆記用具】

 黒のサインペンやボールペンなどを用意しましょう。

【証明写真】

 3ヶ月以内に撮影したものを用意しましょう。

 写真の良し悪しが、面接の合否に大きく左右する場合は、思っているより大きいので、しっかりと満足のいく写真を貼付してくださいね。

【印鑑】

 押印が必要な場合には用意しましょう。

【学歴などに記載する情報を集める】

 履歴書には学歴や職歴などを記載します。

 自分の情報を間違えないようにインターネットなどから早見表を利用して西暦などを事前に調べておきましょう。

【スポンサードリンク】

学歴の書き方の決まり

 履歴書に書く学歴ですが、実は、いつから書けば良いかということは原則的に決まりはありません。

 ですので、小学校から書いても、中学校から書いても特に問題はありません。
 
 ただし、どこから書いても大丈夫ですが、記載の仕方は注意しなくてはなりません。

世間一般的にはどこから書いているのか?

 どこでも良いとは言え、やはり悩みますよね。

 他の人がどこから書いてるのも気になると思うので、参考までにご紹介しておきますね。

世間的には、中学校卒業からの記載をしている人が多いようです。

 小学校、中学校は義務教育なので、卒業している人が大多数ということで省略しているようです。

 後は履歴用紙のスペースや、他の項目との字数のバランスを見て、記載するところを決定しているようです。

学歴を書くときのポイント

 学歴を書くときには必ず正式名称を正しく記載しないといけません。

 略すことは基本的に出来ませんので、きちんと調べて書いてくださいね。

 また、高校や大学や専門学校を卒業している人は、学校名の後に学部や学科なども記載する必要があります。

 万が一高校や大学を中退してしまっている場合には、正直に中退と記載しますが、理由までは記載しなくても大丈夫です。

 

学歴の正しい正式名称の書き方の一例

 小学校の場合→『○○市立○○小学校』
 
 中学校の場合→『○○市立○○中学校』
 
 高校の場合→『○○県立○○高等学校○○科』『私立○○高等学校○○科』

 大学の場合→『○○大学○○学部○○学科』『○○短期大学○○学部○○学科』

 専門の場合→『○○専門学校○○学部○○学科』

 上記はあくまでも一例なので、正式名称をきちんと調べましょう。

学校名以外に書くこと

 学歴の欄には、学校名以外にも入学した時期と卒業した時期もセットで書きます。

 ただし、同時に書かなくて良い部分もあります。

 それは、義務教育である小学校と中学校の部分です。

 義務教育の場合は誰もが卒業出来るので、片方を省略してもOKなのです。

 入学と卒業の両方記入が必要なのは高校以降の学歴なので、小学校や中学校の学歴を書く場合には卒業の年のみを書きましょう。

これらを踏まえて学歴を書くとどうなるか?

 上記で決まりやポイントなど説明してきましたが、分かりやすく見本として下記に示したいと思います。

 今回は一般的に多い中学校~大学までの学歴の例をまとめてみます。 

 是非参考にしてみてください。

 

学歴
平成16年 3月 ○○市立○○中学校 卒業
平成16年 4月 私立○○高等学校○○科 入学
平成19年 3月 私立○○高等学校○○科 卒業
平成19年 4月 ○○大学○○学部○○学科 入学
平成23年 3月 ○○大学○○学部○○学科 卒業

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ