脇汗でニオイが服についてしまった!こんなときの対処法を教えます

【スポンサードリンク】

52fb2cb50d7308a06cfcea7bab204c58_s

 脇汗をかいて、服にまでニオイが移ってしまって「なんか、汗くさい?」って思ったことありませんか?

 そうなると周りの人に、ニオイが届いてしまっていないかヒヤヒヤしますよね。また、脇汗のシャツ等のシミも気になりますよね。

 脇は他の部分よりも汗をかきやすく、汗がこもりやすいので、ニオイも発生しやすいんです。

 汗が服に付いてニオウ前に、予防と対策をすることで、その気になるニオイが軽減されます。気になる方は是非試してみてください。その効果にきっとおどろかれることと思いますよ。

 そこで『脇汗をかきやすい人が、服を着る前の予防&対策。そして、ついてしまったニオイをとる良い方法』についてまとめました。

脇汗で服にニオイが染みこまないようにするための予防策

衣服編

衣類の素材に気をつける

 化学繊維と呼ばれるポリエステル、ナイロン、レーヨンなどの素材は水分を吸収しにくく通気性が悪いので汗で蒸れやすい状態になります。

 またニオイを発生させやすく、ニオイ自体も付着しやすいために汗をたくさんかく人にはお勧め出来ない素材です。

 逆に綿や麻などの天然素材は吸湿性にすぐれニオイも発生しにくく、ニオイが付きにくいので汗が気になる時には天然素材を選ぶと良いです。

袖にゆとりのある衣服を着用する

 肌にぴったりとした密着した服を着ると、汗をすぐに吸収してしまいニオイが移ってしまいがちです。出来ればゆったりとした服を選びましょう。

脇汗パッドや汗取り付きのインナーを着用する

 夏になると市販のインナーで、デオドラント機能が付いた服が多く発売されます。最初から脇汗パッドが付いている服もありますので自分に合った服を選んで購入すると良いでしょう。

汗を抑える

ツボを押す

 脇汗そのものをかかないようにしよう!という発想で、汗のツボ押しが有効的です。大包(だいほう)という肋骨の第6~7肋間の間でちょうど脇の下あたりのツボを強めに押すと、汗がかきにくくなります。

ミョウバン水を活用

 ミョウバンはスーパーや薬局などで、100円前後で手に入る食品添加物です。このミョウバンには、非常に優れた殺菌効果があります。

 水に溶けると酸性になり、汗のニオイの原因菌を分解して、ニオイの発生を抑制してくれます。天然のデオドラント剤です。

ミョウバン水の作り方
①水道水500㎖とミョウバン16g(大さじ3と3分の1)を空のペットボトルや容器にいれる
②①をよく振る
③ミョウバンが溶けきるまで1日程度待つ
④完成!! 出来上がったものは冷暗所で保存する

《使用上の注意点》
・上記で作ったものは原液なのでそのまま使うと刺激が強すぎます(10倍程度の水で薄めてから使用してください)。
・初めて使用するときには、腕の内側など少量を使ってパッチテストをして下さい。
・薄めたものは冷蔵庫で保管し、清潔を保つために2週間以内に使いきって下さい。
・原液は長期保存が可能ですが、可能ならば1ヶ月以内に使いきると安全清潔です。

食生活を改善

 お肉中心だったり、ジャンクフード系ばかり食べていると、汗が脂っぽくなりニオイの原因になります。

 野菜や魚など和食も積極的に食べるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

対策をしても脇汗で服にシミがついた時は

その場合は、服を着替える

 脇汗で服が濡れてしまった場合は、早めに着替えることで菌の繁殖を防ぐことが出来るので、出かける際などはバックに着替えを入れておくと良いでしょう。

洗濯をする

 脇汗がしみついた服は、洗濯をしてもなかなかニオイがとれないこともあります。そうならないためにも汗をかいたら出来るだけ早めに洗濯をすることが重要です。

《洗濯のポイント》
・他の衣類と一緒に洗わない
・洗濯機に入れる前に脇の部分を手洗いする。
・40℃以上のお湯でこするとニオイが落ちやすい。
・洗濯後はすぐに風通しの良い場所へ干す

漂白剤を使用する

 洗濯をするときには、漂白剤を使用することでニオイがとれやすくなります。また液体のものより粉末の方がより洗浄効果が高く、消臭効果も高いのでニオイが強い場合は、粉末の方を使用する事をオススメします。

《漂白剤使用時の注意点》

 ただ、漂白剤は洗浄効果が強いのですが、正しく使用しないと色落ちや生地の傷みの原因になります。白いものは塩素系でも問題ありませんが、色物や柄物は必ず酸素系の漂白剤を使用してください。

重曹を使用する

 漂白剤はチョット・・・っという人にオススメの方法です。
 
 重曹は弱アルカリ性なので、服の繊維を傷めることなくニオイを消してくれます。

 洗濯機ですぐに洗う場合は、普段使っている洗剤と一緒に、水10Lに対して重曹大さじ1程度入れて洗濯機を回します。

 より効果を発揮させたい場合はつけ置きをしておくと良いです。

《つけ置き方》

①洗面器などに小さじ2程度の重曹を入れ40℃以上のお湯でとかす。
②溶かしきった①の中につけ置きしたい服を入れる
③軽く脇の部分を揉み込み、そのまま30分から1時間程度置いておく。時間に余裕がある場合は、1晩つけておくとより良い。

すぐに洗濯できないスーツなどの場合

 すぐに洗濯出来ないスーツなどの場合はスチームアイロンがオススメです。脇の汗が染みこんでしまった部分に蒸気を当てることで繊維に付着したニオイの素を除去する効果があります。

 また、アイロンがない人は入浴後の浴室にしばらく干して置くことで、同様の効果が得られます。

※どちらも行った場合は、必ず風通しの良いところに干してしっかりと乾燥させてください!!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ