携帯電話の料金を安くする方法を教えます。あなたのスマホ高くないですか?

【スポンサードリンク】

 私たちの日常生活で必需品となりつつある携帯電話(スマートフォン)ですが、以前に比べて料金が高くなったと感じている人は多いのではないでしょうか?

 毎月の請求額を見て、この料金をなんとか減らすことは出来ないのだろうか?と考えた事はございませんか?

 昔、ガラケーだった時代にはそこまで高くなかった携帯料金も、スマホが普及してからはその値段もぐんっと上がったように感じます。

 出来るだけ料金が上がらないように極力使わないようにしたいですが、生活に欠かせないものになってしまい、なかなか使わないという選択肢は出来ないと思います。

 そこで今回は、携帯電話を普段通り使いながら、料金を少しでも安くする方法をお伝えしていきます。

料金プランの見直し

 スマホを契約したときのプランって皆さん覚えているでしょうか?

 なんとなく、店員に促されて契約したけれど、実際に使ってみるとプランに対して全然使っていなかったり、逆に使い過ぎていて料金が高くなっていたなんてこともあります。

 スマホで料金が高くなる原因は大きくあげて2つです。

  • 通話料
  • データ通信料

【通話料】

 もともとスマホなどの携帯電話は、通話に使うものなので、電話を多くかければそれだけ値段も上がります。

 大体どの大手メーカーも、20秒で30円程度の電話代を支払うことになっています。

 ただ、最近ではかけ放題プランや5分無料など電話を多くかける人向けに料金を安く抑えるプランもあります。

 もし、1日に何分もかけることがあれば、基本的にかけ放題プランに入った方がお得ですし、逆に全然電話をしないのであれば、1番安いプランを契約すれば大分節約になります。

 また、多く電話をかけるような人でも、無料通話アプリを使ったりすると、わざわざかけ放題のプランに入らなくても通話無料なので定額料金を払わなくて済みます。

 まず、自分がどの程度月に平均で電話しているか確認してみると、プランの見直しもしやすいのではないでしょうか。

【データ通信料】

 インターネットや動画の視聴、メールの送受信などあらゆるところでかかるのが、このデータ通信料です。

 各会社でデータの定額制というものがありますが、こちらも通話量のプラン同様に見直しが必要な人も多いと思います。

 あまりデータを使わないのに大容量のプランを契約していたりしませんか?

 データ量が多ければ多いほど、定額料金もあがってきます。

 毎月データ量の制限にかからなかったり、速度が遅くなったりしていない場合、以外とデータ量は使っていないことがあります。

 各携帯会社のサイトから使用量なども見られるので、是非1度自分のデータ量を見直して見てはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

オプション機能

 スマホを契約したときに、このオプションをつけておくと自動的に安くなるからと言われたことがあるという方も多いでしょう。

 ただ、このオプションというのは大体が1ヶ月ほど無料なのですが、その後は自分自身で解約しないと継続と見なされて、料金が自動的に発生している状態になっています。

 後で解約しようと思って忘れていたなんて事があると、料金にそのコンテンツ代が毎月上乗せされるので、1度自分のオプションサービスを見直してみてください。

格安スマホに移行する

 どんなに料金を見直したりしても、大手3社(docomo、au、ソフトバンク)の料金を安くすることには限界があるかもしれません。

 ずっと大手を使い続けていると、なかなか他のに手を出しづらいと思うかもしれませんが、どうしても安く抑えたいなら格安スマホに乗り換えるのも1つの手でしょう。

 格安スマホは、格安SIMカードを使って携帯料金を大幅に格下げ出来ることが出来ます。

 格安スマホと言っても、回線自体は大手の3社のものを借りて使うという形になっていますし、携帯の質というのはそこまで変わりはありません。

 あったとしても、回線の関係で速度がやや遅くなったり、大手会社で使っていたメールアドレスが使えなくなったりするぐらいで、そこまで不便は感じないと思います。

 格安スマホについては、mineoやUQモバイルといったところがオススメなので、気になった方は是非調べてみてください。

 スマホ代金が低く抑えられれば、毎月の生活が少しゆとりを持った生活に変えられる方がほとんどだと思いますので、是非諦めずに見直しをして見て下さいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ