エアコンのフィルター掃除の頻度はどのくらいが適正なの?頻度と掃除方法を教えます。

【スポンサードリンク】

178a370771a5ba43c64cea6675e20b80_s

 エアコンは夏と冬に大活躍しますよね。特に夏場はエアコンがないと熱中症で命に関わるくらいの必需品となっています。

 皆さんは、エアコンのフィルター掃除をどれぐらいの頻度で行っていますか?

 いざ掃除しようと思っても、エアコンが高い位置にあるので、面倒だなと思い後回しにしていませんか?また、掃除をしなくても普通に動いているので、緊急性がなく後回しにされがちです。

 でも、エアコンのフィルターってきちんと掃除しないと、ホコリがすごく溜まってエアコンの効きが悪くなってしまうんです。

 さらにエアコンの効きが悪くなるだけでなく、エアコンは設定温度まで室温を下げようとするので、電気代も大幅アップするので、放っておくとダメージが大きくなりますよ。

 そこで今回は『エアコンのフィルター掃除の頻度&掃除の仕方について』まとめました。

2週間に1度は掃除が必要だった!!

 最近のエアコンは、フィルターの自動洗浄をしてくれる機器もありますよね。自動洗浄なんて羨ましい機能ですが、まだまだ持っている人も少ないですよね。

 一般的に使われているエアコンのフィルターは2週間に1度のペースで掃除が必要です。

 エアコンは使用するたびに、ホコリやゴミも吸い込んでしまうので、想像以上に汚れています。

 フィルターが少しでも目詰まりを起こしてしまうと、適切な風量が出ないので、設定温度に達するまでの時間が長くなり、パワーも消費するので電気代が高くなります。

 さらに、エアコン自体の寿命も短くなってしまう可能性があるので、2週間に1度は掃除すると良いでしょう。

また、月に1度は掃除機で吸いあげるだけでなく水洗いをしましょう。

【スポンサードリンク】

フィルターの掃除の仕方

掃除機のみで行う場合

①エアコンのコンセントを抜く

 誤作動や怪我防止のため、必ずコンセントは抜いてください。

②エアコンの前面のカバーを開ける

 機種によって開け方が違うものもあるので、取り扱い説明書を確認してください。一般的にはエアコンカバーの両脇にある突起を持ち上げると外れるはずです。

③フィルターを取り出す前に軽く周囲を掃除機で吸う

 フィルターを外す前に掃除機を使ってエアコンの周りのホコリを吸い取ることで、ホコリが室内に舞い落ちるのを防ぎます。

④フィルターを慎重に外す

 フィルターは柔らかいプラスチック製の樹脂で出来ているので強く引っ張ったりすると壊れやすくなっています。また勢いよく外すとホコリが落ちてくる可能性もあるので慎重に外して下さい。

⑤フィルターの外側から掃除機で吸う

 内側から行うと目詰まりの原因になるので必ず外側から行う

⑥外側が終わったら内側を掃除機で吸う

⑦フィルターを戻す前にエアコンの内部のホコリが見える部分を軽く掃除する

 ホコリが残っているとせっかく掃除したフィルターに付着してしまうので、見える部分は全部取り除いてください。

 ただし、無理に掃除機を押し込むとエアコンが故障する原因になるので、ふわふわのモップのようなハンディブラシ等を使うといいですよ。

 他にも便利な掃除道具がありそうなので、何か良いものがあったら逆に教えて下さいね。

⑧前面カバーを雑巾やタオルで拭く

 前面カバーって意外と汚れています。カバーが取り外せる製品の時には外して水洗いをし、それ以外の時はぞうきん等で汚れを拭き取ってください。

⑨フィルターを正しく戻す

⑩前面カバーを閉める

⑪コンセントをつける

水洗いする場合

①エアコンのコンセントを抜く

②エアコンの前面のカバーを外す

③フィルターを取り出す前に軽く周囲を掃除機で吸う

④フィルターを慎重に外す

⑤フィルターの外側から掃除機で吸う

⑥外側が終わったら内側を掃除機で吸う

⑦お風呂場や洗面所などへフィルターを持ち移動

⑧フィルターの内側から外側へ向かいぬるま湯をかける

 掃除機の時とは逆で、内側からかけることで目詰まりを防止します。また水よりぬるま湯の方が汚れが落ちやすいのでオススメです。

⑨台所用洗剤など中性洗剤を使い、使い古しの歯ブラシなどで擦り洗い

 歯ブラシなどを使う際は出来るだけ優しく洗ってください。強い力で擦ると破損する恐れがあります。

⑩洗剤をよく落としタオルなどで水分を拭く

 タオルなどで水分を拭いた方が早く乾きます。

⑪直射日光を避けた風通しの良い場所で半日程度乾かす

 直射日光に当てると、色あせや変形などの原因になるので必ず日陰で乾かしてください。

⑫乾かしている間にエアコンの内部のホコリが見える部分を軽く掃除する

⑬前面カバーを雑巾やタオルで拭く

⑭完全に乾いたらフィルターを戻す

 完全に乾いたことを確認してから、戻してください。水分が残っているとカビが生えたり故障の原因になります。

⑮前面カバーを閉める

⑯コンセントをつける

最後に・・・

 今回は自分でお掃除する方法をお伝えしましたが、ひどい汚れやフィルター以外の内部を掃除したいときは、お掃除のプロ(業者)に頼んできれいにしてもらう方が良いと思います。

 きれいに掃除して出来るだけ長くエアコンが使用できるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ