白髪の原因ってなんだろう?40歳になってから急に増えたような気がするけど、これって関係ある?

【スポンサードリンク】

00523

 「最近白髪が気になってきたな・・・」

 「40歳を越えてから白髪の量が増えてきたな・・・」などなど

 鏡をみてふと白髪が気になることはありませんか?

 年齢を重ねるごとに増えていく白髪ですが、白髪ってなんで生えてくるのでしょうか?

 黒髪が白髪になる原因ってみなさんはご存知でしょうか?
 
 白髪が増えてくると、急に老け込んだように見えて気になりますよね。

 年を取っていくことは防ぎようがないですが、どうせならいつまでも若々しくいたいですよね。

 そこで今回は白髪の原因ってなんだろう?白髪になる原因や理由などまとめてみました。

白髪ってなぜ生えてくるの?

 まずは、髪の毛が黒くなる理由からご説明いたします。

 髪の毛を作る毛母細胞の中には、色素細胞のメラノサイトというものがあります。

 ここで、元々白い髪の毛を黒くするメラニン色素がつくられます。

 このメラニン色素が髪の細胞に着色することで、髪の毛が黒くなるんです。

 白髪の原因は、加齢などの理由でメラノサイトの数が減少してしまうことから始まります。

 そこから、メラノサイトの元となる色素幹細胞という細胞が衰え、メラニン色素が作れなくなり、髪を黒くする色素が減少するために白髪が増えてきます。

 メラノサイトが減少するするのは、ほとんどが加齢に伴うものが多いですが、加齢と言っても年代が上がっても髪が黒く若々しい人もいます。

 また、逆に若くても白髪が多い人もいるのも事実です。

 この差には遺伝的要素もありますが、やはり毎日の食生活や生活習慣など大きく影響していると言えそうです。

【スポンサードリンク】

40歳からなんとなく白髪が増えてきたけど・・・

 30代までは白髪があっても1本か2本ぐらいで全然気にならなかったのに、40代に入ってから気になるようになっていたと言う人は結構いるようです。

 では、なぜ40代から白髪が増えてくるのでしょうか?

 考えられる原因をいくつかご紹介します。

  • 加齢
  • ストレス
  • ホルモンバランスの変化
  • 睡眠不足
  • 病気

 

【加齢】

 人間は年を取るとどんどん身体が退化していきます。

 髪も同様で、年齢が上がるにつれて色素細胞であるメラノサイトが機能しなくなってしまい白髪になっていきます。

【ストレス】

 40代になると、職場と家庭でのストレスが他の世代よりも多く感じている世代だと言えます。

 職場ではいろいろと責任ある仕事を負かされる中間管理職だったり、家庭では子育てに加えて、年老いた親たちの介護が負担になるケースも多いようです。

 そういったストレスによって、身体がダメージを受け、毛髪自体にも影響が出ます。

 ストレスは白髪になるだけではなく、抜け毛の原因にもなったりしますので、出来るだけストレスは溜めないようにすることが大切です

【ホルモンバランスの変化】

 特に女性に関してなのですが、40代に入ると更年期障害が起こります。

 この更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に低下します。

 このエストロゲンには毛髪を作るのに働くホルモンでもあるので、更年期障害が起こることでホルモンのバランスが崩れ、メラノサイトの働きも低下して白髪が増加します。

 また、過度なダイエットやストレスも、ホルモンバランスが崩れやすい要因なので注意が必要です

【睡眠不足】

 やはり現代人は忙しく、睡眠不足に陥りやすい状態です。

 睡眠不足が続くと、休息が取れずにストレスも溜まりますので、身体にはよくありません。

 出来るだけ身体は、休めるようにしましょう。

【病気】

 加齢に伴って病気も増えやすいのが、40歳を過ぎてからです。

 病気によって白髪が増える事もあります。

白髪が気になるなら染めるしかない

 誰もが年齢を重ねれば、白髪が生えてきます。

 しかし、増えていくとは言え、やはり白髪は老けて見える印象を与えるもの。

 女性の皆さんも男性の皆さんも、いつまでも若々しく見られたいものですよね。

 そうすると、やはり今の段階では白髪は染めるしか方法はないと思います。

 しかし、髪を染めるということは、髪や頭皮に負担がかかってしまいます。

 出来れば髪の毛全体を染めるという感じではなく、白髪の部分だけを染める部分染めにしてみたり、

 また、トリートメントタイプのものやヘアマ二キュアなど、髪に優しい成分の物を使用することをオススメします。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ