コインパーキングの最大料金の意味って知ってますか?ここを勘違いすると痛い目にあいます。

【スポンサードリンク】

 コインパーキングっていろいろな名前がありますが、料金以外はあまり気にしていないですよね?

 出来るだけ安いところにと思い、看板に記載されている30分いくらとか、1時間いくらの値段だけを比べてしまいますよね。

 でも、看板をよく見ると『最大料金』の表示があるのをご存知でしょうか?

 1日最大〇〇円とか、12時間最大〇〇円とかの記載があるはずです。
  
 最大料金は、長時間利用する人にとってはとても魅力的なシステムです。 

 しかし、この最大料金の意味とコインパーキングの料金の仕組みについて知っておかないと、のちのち大きな痛手を受けるかもしれません。

 パッと見の安さにつられて安易に駐車してしまうと、予想外の最大料金以上の請求があり、ビックリしてしまいます。

 そこで今回は、コインパーキングにおける最大料金の意味や仕組みについてご説明していきます。

最大料金

 コインパーキングでよく見かける文字は・・・

 当日最大〇〇円、24時間以内最大〇〇円などの文字だと思います。

 この文字をただ普通に読んだら、最大料金が決まっているのでこれ以上お金は取られないと思いますよね。

 実際、そう思っている人が多いので、出庫の際に最大料金以上の料金の支払い金額が精算機に出た時にビックリしてしまい、トラブルになるケースが多くあるのです。

 確かに一般的に考えてみれば、最大料金と書いてあるのだから、その金額に達したらそれ以上増えていかないと考えてしまいます。

 しかし、最大料金で利用出来るのは、コインパーキングならではの特殊な仕組みが関係しているのです。

 具体的には、詳しく下記で説明していきますね。

最大料金の具体的な例

最大料金が適応される例

 例えば①パーキングは60分100円 当日24時まで最大1000円とします。

 ※2日に渡る場合には翌日分は最大料金は適応されません。

 ①パーキングにAさんが駐車使用とします。

 入庫時間は本日7時~23時まで利用しようとします。

 7時から駐車し始めて60分ごとに100円がかかります。

 この場合17時には1000円に達します。

 最大料金が1000円の駐車場なので1000円になったところでメーターは一旦止まります。

 そしてAさんが出庫しようと精算機の前にいくと利用料金は1000円です。

 ここの駐車場のポイントは当日の24時までが最大料金の適応というところです。

 ですのでAさんの場合には当日の23時までに出庫しているので最大料金が適応されるのです。

最大料金以上に支払いをする例

 上記で説明したパーキングと一緒です。

 利用する時間帯と登場人物をBさんと変更します。

 ここも同じく①パーキングは60分100円 当日24時まで最大1000円。の場合

 ※2日に渡る場合には翌日分は最大料金は適応されません。

 Bさんは本日7時~翌日19時まで利用します。

 Bさんも7時からメーターが上がり始め17時には1000円に達します。

 1000円になったところでメーターも一旦止まります。

 しかし、Bさんは翌日出庫予定です。

 ここの①パーキングは当日の24時までは最大1000円となっているので、24時を過ぎたところで再びメーターが回り始めます。

 60分で100円のメーターが上がります。

 0時~19時までは19時間あります。

 ということは19×100円=1900円の料金が発生します。

 注意書きには翌日分は最大料金にはならないと記載してあるので通常料金が加算されます。 

 2日に渡って駐車場を利用する場合には1日のみ最大料金が適応されるところが多いようです。

 ですので、Bさんの利用料金は前日の最大料金+翌日の通常料金の合計2900円のお支払いとなります。 

【スポンサードリンク】

 

注意してほしい最大料金

 最大料金と記載してあるのにそれ以上の駐車料金を請求される場合、利用者が注意書きを見ていない場合があります。

 そんなのどこにも書いていないと思われるかも知れませんが、実は最大料金と記載してある近くに小さく記載してあるのです。

 文字が小さすぎるのもどうかと思いますが、最大料金の表示だけみてしまう利用者にも落ち度はあります。

 注意書きとして書いてある文章には、必ず時間指定などが書かれているのです。
 

  • 当日24時まで
  • 駐車後24時間以内
  • 2日に渡る場合は前日のみ最大料金適応
  • ○時~○時までは最大料金適応・・など

 

 上記のような注意書きがどこかに必ず記載されているのです。

 その時間帯にしか最大料金は適応されません。

 ですので、この注意書きをしっかり読んだ上で利用しないと、長時間駐車したときに最大料金以上のお金を請求されて驚くことがあるのです。

 最大料金の下か横に『※繰り返し適用』となっている場合のみが、2日目以降も24時間毎の最大料金が適用されるので、24時間1000円の場合に48時間駐車しても、2000円の料金で済むことになります。

 長期間利用される場合には、この『繰り返し適用』と書いてあるかどうかの確認と、ほとんどのコインパーキングが最大で48時間の利用制限をかけてあります。

 なので、長期間利用されたい場合には、事前確認と運営会社への料金交渉をしておくのが良いでしょう。
 

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ