汗の匂いを消す食べ物はこれです。食事を変えるだけで、夏の汗の匂いが気にならなくなります。

 夏などの暑い季節は、たくさん汗をかきます。そうすると汗の匂いも気になってきますよね?

 汗拭きシートだったり、ニオイ消しスプレーだったりが大活躍していたかと思います。

 その汗の匂いが、実は食事と関係しているってご存じでしたか?

 汗の匂いを増強させてしまう食べ物と、汗の匂いを消す食べ物が存在するんです。

 食べ物で匂いを消すことが出来るなら、毎日の食事を気をつけるだけなので簡単だし健康にも良さそうですよね。

 そこで今回は、汗の匂いを消す食べ物や増強する食べ物などご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

食べ物で汗が匂う理由

 食べ物を口にすると、必ず消化されて吸収が行われます。

 この時に消化されにくい食品だったりすると、消化する前にニオイの原因であるアンモニアが発生してしまい、血流にのって汗などと一緒にニオイが放たれるために体臭がきつくなります。

 また、腸内環境の問題もあります。腸内環境が悪いと善玉コレステロールがあまり働かなくなり、悪玉コレステロールが増えていく一方で腸内が荒れて、ニオイの発生源となりますし、便通なども悪くなります。

 腐敗しているものが体内に蓄積されていると、それがニオイの原因となります。

汗の匂いを消す食べ物

緑黄色野菜

 緑黄色野菜は、たくさんのミネラルやビタミンなどが豊富です。

 そして、食物繊維も含まれています。

 腸内環境を良くして、体内に含まれている老廃物などの排出に役に立ちます。

 また、緑黄色野菜はアルカリ性のものが多く、匂いのもとである酸性のものを中和させるのに働き、匂いの防止につながります。

《緑黄色野菜の代表的な物》

  • にんじん
  • ピーマン
  • かぼちゃ
  • ほうれん草など

梅干し・レモン

 梅干しやレモンには、クエン酸がたくさん含まれています。

 クエン酸には、匂いのもとであるタンパク質の分解を活発にする働きがあります。

 また、酸っぱいものを食べると唾液の分泌も良くなり、口臭などの悩みも軽減されます。

 ただ、梅干しには塩分が多く含まれているので、血圧が高い人は食べ過ぎに注意しなくてはいけません。

 レモンもそのまま食べると刺激が強いので、胃が荒れてしまう人もいるかと思います。

 ハチミツ漬けにしたり、サラダなどに絞ったりと工夫すると良いでしょう。

ヨーグルト

 ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれています。

 腸内環境が荒れているとアンモニアが発生しやすく、血流にのって汗と一緒に体外へニオイとして発せられます。

 また、腸内が荒れていると便秘にもなります。

 便秘が続いてしまうと、本人は気付きにくいかもしれませんが、口臭や体臭となってニオイが出てきます。

 乳酸菌は腸内の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。

 毎日食べて腸内環境を整えておくことは大切です。

海藻

 昆布やワカメなどは、食物繊維が豊富です。

 また、ヌメリの成分であるフコイダンは、アンモニアなどのニオイの原因となる成分を包み込んで排出する働きがあります。

 低カロリーなので食べ過ぎても太ることはないので、毎日食べても安心な食材です。

【スポンサードリンク】

食べ過ぎるとニオイがきつくなる食べ物

肉類など脂質の多い物

 肉類などは、ニオイの原因となります。

 魚や野菜などに比べて、胃に入ってから消化するのにとても長い時間を要します。

 消化するのに時間がかかると、アンモニアが発生してしまいます。

 アンモニアも排出出来るようになっているのですが、食べすぎてしまうと処理能力が落ちて体臭の原因となります。

 また、肉類など脂質の多い物には、コレステロールが多く含まれています。

 コレステロールは、アポクリン腺というニオイのもとになる汗腺を刺激してそこからニオイを発してしまいます。

 肉などを食べるときには、野菜を多く取るなどバランス良く食べることが重要です。

辛い食べ物

 唐辛子やキムチなど発汗作用のある食べ物は、要注意です。

 汗自体は無味無臭ですが、肌に付着している雑菌などと混ざると悪臭を放つことがあります。

 また、辛い物の食べ過ぎは胃の調子も悪くなるので、ほどほどに食べましょう。

アルコール

 アルコールを分解させるときに発生させるアセトアルデヒドという物質は、独特のニオイを発生させます。

 また、アルコールによって活性酸素が活発になり、細胞を酸化させてしまうのでニオイの原因となってしまいます。

 飲み過ぎないように注意しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ