夏のスーツでレディースの着こなし術はこれで決まり!暑い夏もこれでおしゃれに!

【スポンサードリンク】

 スーツを着てお仕事と言えば、主に男性を思い描きがちですが、女性もスーツ着用でお仕事をされている方が多くいらっしゃいます。

 なので当然ですが、真夏の暑い時期でもレディーススーツを着てお仕事をする女性も、多くいらっしゃいます。

 スーツはピシッと見えて仕事をするには必須アイテムですが、夏に着るスーツは暑さや汗対策などが頭を悩ませますよね。

 少しでも涼しく快適に!そしておしゃれにレディーススーツを着こなせれば、嬉しいですしかつ仕事効率アップも期待出来ますね。

 そこで今回は、夏のレディーススーツの着こなし方と注意点などご紹介していきます。

夏のスーツ着こなし術

ジャケット

 夏でもスーツのジャケットを着なくてはいけない場合もあります。

 スーツで暑さを感じるのは、やはりジャケットを羽織るからではないでしょうか?

 オールシーズン使えるスーツのジャケットは、素材の通気性があまり良くありません。

 夏に着用すると蒸し暑さを感じるでしょう。

 そこで夏に向けて是非、サマースーツを準備するようにしましょう。

 サマースーツは、生地が薄めで通気性も良いです。

 特に綿素材や麻素材を使用したスーツは、夏の暑さには最適なスーツと言えるので素材に注目してみましょう。

 また、女性の場合は夏のジャケットは、七分丈のものにするのも良いでしょう。

 七分丈であると涼しいだけではなく、見た目もオシャレに見えるのでオススメです。

シャツ・ブラウス

 ジャケットの中に着るものも重要です。

 ホワイトや淡いピンクや黄色など、女性らしくかつ夏の暑いイメージを払拭する爽やかな色合いの物を選ぶと良いでしょう。

 シフォン系やコットン系などのものは、比較的かわいらしい印象があり素材的にも涼しいですし、フリルやボウタイなどの素材は大人かっこよく決めるのに良いでしょう。

 フリルなどがついたブラウスを選ぶ時には、出来るだけ首回りのスッキリしたものを選ぶと夏でも涼しく着れるでしょう。

スカートorパンツ

 女性がスーツを着るときには、圧倒的にスカートが多いと思います。
  
 スカートの方が足が出ている面積が多いので一見涼しいように思えるかもしれませんが、スカートの場合ストッキングを着用するので、夏の暑い日だと汗などで不快な思いをする人も多いようです。

 パンツスタイルであると動きやすいですし、ストッキングでの締め付けもないので夏にはオススメです。

【スポンサードリンク】

夏のスーツは汗対策を意識!!

 夏は暑いので、スーツにも汗が染みこんでしまう可能性が高いです。

 汗で汚れたスーツをそのままにしておくと、汗染みでニオイもひどくなってしまいます。

 スーツは清潔さが大事ですが、毎日クリーニングに出すのは時間や手間もかかりますし、現実的に難しいでしょう。

 そこでオススメなのが、自宅でも簡単に洗えるスーツです。

 自分で洗うことが出来れば毎日洗濯することも可能ですし、いつも清潔なものを着用する事ができます。

 夏用のスーツは、生地も薄く出来ているので洗濯しても短時間で乾かすことが可能です。

 さらに洗えるスーツを選ぶ時には、形状記憶がある商品を選ぶとシワになりにくく、アイロンがけをする手間も省けるので忙しい人には便利でしょう。

夏スーツの着こなしで注意したい点

  • インナー
  • 肌の露出度
  • 色味

 
【インナー】

 シャツやブラウスの下にインナーを着用すると思いますが、色に注意しないと下着が透けてしまいます。

 白を選択する人が意外と多いですが、実は白は透けやすいです。

 透けてしまったらインナーの意味がなく恥ずかしいですし、汗をかいていることがバレバレです。

 比較的透けないのは、ベージュ系なので是非取り入れてみてください。

【肌の露出度】

 シャツやブラウスを着る際に、暑いからと言って胸元を露出しすぎるのはやめましょう。

 また、シャツやブラウスの代わりにノースリーブなど着る人もいるかと思いますが、ジャケットを脱がないという前提でならOKかもしれませんが、脱ぐ場合もあるので基本的に止めた方が良いでしょう。

 あまりにも肌を露出しすぎるのは、ビジネス的にNGですし相手を不快な思いをさせてしまうかもしれないので注意しましょう。

【色味】

 スーツの色味も大切です。

 オシャレに見せたいがために、あまり派手な色を選びすぎると清潔感が失われ、相手に不快感を与えます。

 全体のバランスをみて、あまり派手にならないように注意しましょう。

 夏の期間はスーツでお仕事をされる方には厳しい季節ですが、そんな中でもより涼しげに仕事が出来るように、工夫をして暑い夏を乗り切りましょう!

 また、暑い夏を乗り切る画期的な方法がございましたら、是非筆者にも教えて頂けたら幸いです。

 

 

 
 
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ