長靴の雪対策としてのおすすめのものを、おしゃれの面も合わせて選ぶポイントを教えます。

【スポンサードリンク】

 雪の時におすすめしたい履物が長靴です。

 長靴なんていうと、子供が履く物であんまり可愛くない!!と思いがちですが、最近はオシャレなレインブーツもあって大人でも抵抗なく履けます。

 それに、普段履いているようなスニーカーなどでは、雪が降ったら滑りやすい上に靴そのものもびしょ濡れになってしまいます。

 履いている人の安全の面からも長靴は相当優秀な履物であるのは、間違いありません。

 その点では、長靴は雨や雪の日の為に履くように、しっかりとした作りなので安心して履くことが出来ます。

 そこで今回は、雪の日に履きたいおすすめの長靴についてまとめました。

雪が降った時に重要なこと

 

  • 滑らない
  • 暖かい
  • 濡れない

など・・・

【滑らない】

 雪の日はとにかく地面が凍結したりして、滑りやすくなります。

 なかなか雪が降らない地域だと、尚更雪の上を歩く事に慣れていないので転倒の危険性も高いです。

 雨の日に使用する至っては、普通の長靴はゴム製の物が多く、かえって雪では滑りやすくなるので、底がしっかりして雪に対応出来るだけ長靴を選びましょう。

【暖かい】

 雪の日は気温がとても低いです。

 普通のゴム製の長靴は1枚のゴムで出来ていることが多いので、中はとてもひんやりしてしまいます。

 雨の日などなら我慢できる寒さだったとしても、雪となると寒さも冷たさも全く違います。

 ですので、長靴を選ぶなら防寒対策がされていて、靴の中が暖かいものを選ぶと良いでしょう。

 また、長靴選びも重要ですが、暖かさをとるなら厚手の靴下をはいたりすることもオススメです。

【濡れない】 

 積雪の量によっては、靴の中まで雪が入ってくることが考えられます。

 ある程度の長さがないと、積雪が多い場合には対応しきれないこともあります。

 ですので、地域的に雪が降りやすいかそうでないかを判断した上で、適切な長さのものを選ぶと良いでしょう。

雪の降り方別のオススメ長靴

雪が多く降る地域

 雪が多く降る地域でオススメなのが、やはりスノーブーツ型です。

 スノーブーツ型は何といっても雪対策専用に作られているので、雪道でも安心して履いて歩けます。

 長靴の長さも十分にあり、また防水・防寒もしっかりしています。

 靴底も滑りにくい加工がされているので、雪が多い地域では大活躍するでしょう。

雪が滅多に降らない地域

 雪があまり降らない地域では、雪が降っても積雪そのものが少ない事があります。

 または、長靴自体の出番が少ないこともあるので、長靴を買うならショート丈やミドル丈の長靴を選ぶと良いでしょう。

 ショート丈のレインブーツは、普段使いも出来ておしゃれな物が結構多いです。

 足首がキュッと細くなっているものが多く、スタイリッシュに見えます。

 パッと見た感じでは長靴に見えることはなく、普通のブーツに見えるので、オシャレを楽しみたい人にはとても良いと思います。

 また、ショート丈の長靴は、ヒールがあることもあります。

 普段からヒールを愛用している人だと、ぺったんこの長靴は履いていて違和感があるかもしれません。

 そんな時には、ヒール付きのレインブーツでも良いでしょう。

 ヒールと言ってもそんなに高さもないですし、太さも程よくありますので、安定感があります。

 もちろん滑りにくくなっているので安全面でも安心です。

【スポンサードリンク】

 

カラーも柄も豊富

 長靴というと定番の『黒』というイメージが多いですが、最近の長靴は本当にオシャレな物が多いです。

 カラーは黒だけではなく、明るい色の長靴も多く売られています。

 また柄付きのものも出ているので、洋服に合わせやすくオシャレを楽しめます。

 価格は、おおよそ5000円以内で買えるものが多いので、手が出しやすいと思います。

 雪の日に外出するのは、少し億劫になりがちですが、足下がオシャレだと出かける気分も上がりますよね。

 まだまだ、寒さが続く冬の季節。

 雪が降って積る前に、是非お気に入りの1足を見つけて、手に入れてみて下さいね。
  
 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ