余った餅の食べ方でおいしくアレンジする方法でオススメはこれです!

【スポンサードリンク】

 お正月も終わると、中にはお餅が余ってしまってどうしようかとお困りな状況になるご家庭もあるかもしれません。

 比較的保存が出来る食材ではありますが、お正月で散々食べたからお正月が終わってからは食べたたくない、と思う方も多いかもしれません。

 お雑煮やお汁粉などはお正月を過ぎたらほとんど作らないだろうし、余ったお餅を意外な食べ方で消費したいものですよね。

 実はお餅って意外とアレンジが効くので、おかずになったりお菓子になったりと様々な食べ方が出来るんです。

 アレンジの仕方で食べ方がバリエーション広がり、あっという間に残っていたお餅が消費出来ること間違いなしです。

 今回は、余ったお餅をアレンジして作る簡単で美味しいオススメレシピをご紹介します。

余った餅がおかずに大変身

 お餅は、ボリュームも満点でおかずにリメイクすると、とてもおいしく食べることが出来ます。

 お餅を使ったオススメのアレンジおかずを、いくつかご紹介していきます。

お餅ピザ

 1~2人分の作り方

【用意するもの】お餅3個・ピザソース・溶けるチーズ・お好みの具材(ピーマン・玉ねぎ・ベーコンなど) 

【作り方】
①お餅を半分の薄さにスライスする(半分のものが計6個になる)
②お好みの具材を食べやすい大きさにカットする
③フライパンに薄く油を引き、①でスライスしたものをピザ生地のように並べる
④大さじ1の水を入れ、フライパンに蓋をし弱火にかける
⑤プクッと餅がふくれてくるまで焼く
⑥餅に火が通ったら一旦火を消す
⑦ピザソース、具材、チーズを乗せてフライパンの蓋をして再び弱火で焼く
⑧チーズが溶けて火が通ったら完成(3~5分程度)

もちもちハムカツ

 ハムカツ4枚分の作り方

【用意するもの】お餅1~2個・ロースハム8枚・薄力粉適量・パン粉適量・卵1個・スライスチーズ4枚・揚げるときの油

【作り方】
①お餅をハムの大きさに合わせて出来るだけ薄く短冊状にスライスする
②スライスチーズを半分に切る
③ボールなどに卵を溶きほぐしておく
④ハム1枚→スライス餅1~2枚→半チーズ1枚→ハム1枚の順に重ねる
⑤④に両面薄く小麦粉をつけ、溶き卵、パン粉の順でつける
⑥油の入った鍋を170°くらいに温める
⑦温まったところに④を入れて、キツネ色になるまでじっくりあげる
⑧油を切って出来上がり

【スポンサードリンク】

余ったお餅が洋風デザートに大変身

もちもちパンケーキ

【用意するもの】お餅2個・ホットケーキミックス150g・牛乳150cc・卵1個・サラダ油適量

【作り方】
①お餅を適当な大きさに切り分ける(出来るだけ細かい方が溶けやすい)
②耐熱容器に牛乳と①で切ったお餅を全ていれラップをかけず、600wのレンジで4分ほど温める
③②でお餅が溶けてなかったら、1分ずつ加熱して溶かす
④温めたものをレンジから取り出し、ホットケーキミックス、卵を入れよく泡立て器でよく混ぜる
⑤フライパンに油を引き、弱火~中火にして、④の生地を流し込む
⑥生地の表面全体にフツフツと気泡が出来たら、フライ返しでひっくり返す
⑦全体的に膨らんだら、生地の真ん中に爪楊枝などさし、中に火が通っているか確認する
⑧生地に火が通っていたらお皿に移し完成
⑨お好みでシロップや生クリームなどを添えて召し上がれ

とろーりチョコ餅

 1個分の作り方

【用意するもの】お餅1個・1口チョコ・クッキングシート

【作り方】
①耐熱皿にクッキングシートを敷く
②①にお餅をのせてレンジの中に入れる
③500wで30秒かけ裏返しにして、20秒かける
④レンジからお餅を取り出し指を使って少しお餅を伸ばす
⑤④の真ん中に1口チョコを置く
⑥お餅を餃子のように2つ折りにたたむ
⑦折りたたんだらチョコが溶け出さないように端っこをギュッとつまむ
⑧30秒~1分ほどまち完成
⑨温かいうちに食べるとチョコがとろっと溶け出します

余ったお餅が和菓子に大変身

かりかりおかき

【用意するもの】お餅2~3個・醤油適量・揚げるためのサラダ油

【作り方】
①お餅をサイコロのように小さめに切る
②①をザルやパッドの上に並べ1~2日ほど乾燥させる
③ヒビが割れるくらいまで乾燥させるのがベスト
④180°に熱した揚げ油の中に乾燥させたお餅を少量ずつ入れてキツネ色になるまであげる
⑤大量にいれるとお餅が膨らみくっつくので少量ずつが良い
⑥からっと揚がったお餅をしっかり油をきる
⑦⑥に適量醤油をかけて出来上がり

 いかがでしょうか?他にもおいしい食べ方はあると思います。

 お餅をお正月中ですべて食べきってしまえば何も問題はないのですが、このようにおいしい別の食べ方で食べてみるのも非常に興味深いですよね。

 お正月中だけではなく、1年中いつでも食べる食材としても非常に魅力的な「お餅」を是非いろいろな食べ方で楽しんで下さいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ