学歴にコンプレックスを持つ高卒の方必見!大卒だって学歴コンプレックスはある!その克服方法を教えます。

【スポンサードリンク】

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 学歴にコンプレックスをお持ちの方は多いようです。

 普段の生活ではあまり学歴に対して気になることはないようですが、就職や仕事関係などで学歴コンプレックスを感じてしまうことが多いようです。

 特に高卒の方は、大卒に対してのコンプレックスがかなり大きくあるようです。

 しかし、高卒の方にも理解しておいてほしいのは、大卒の方にだって自身が卒業した大学名で、同じようにコンプレックスがあるということです。

 コンプレックスというのは誰かと比べて劣等感を持つことです。

 ですので、誰でも学歴に対しては、多かれ少なかれのコンプレックスを持っている人が多いのです。

 そこで今回は、『高卒・大卒にもある学歴コンプレックスについて、その克服法をご紹介します』 

高卒の方が学歴にもつコンプレックス

 高卒の方がコンプレックスをもつのは、高卒は大卒に劣るという考え方が、まず根本にあるからだと思います。

 そこから、実際にその考え方が引きづられたまま社会人となり、職場などで大卒の人と関わりを持つと悪化してしまうようです。

 しかし、その背景には会社や社会的に問題があるのも事実なのです。

 昔から大卒=優秀と考えられている部分もあって、未だにその考えが根付いている所もあります。

 そういった会社では、高卒の人の方が仕事が出来るのに、大卒というだけで重要な仕事を任されたり、早く出世していくといった差別をされている場合が多いのです。

 こういったことが繰り返し起こることで、高卒の方はどんどん学歴にコンプレックスを持ってしまうようになるのです。

大卒の方が持つコンプレックス

 大学まで出たのだから、コンプレックスとは無縁なのでは?と思っている皆さん。

 それは間違いです。

 大卒でも意外と自身の学歴に、コンプレックスを持っている人が多いんですよ。

 例えば、よくある大卒の方のコンプレックスは、第一希望の名の知れた大学に入りたかったのに受験で失敗してしまった場合です。

 滑り止めで受けていた、希望していた大学より偏差値が少し低い大学に入学するといった場合です。

この場合、浪人という選択肢もありましたが、浪人することなく第一志望を断念し、別の大学を卒業したものの、不合格だった大学に行きたかったという気持ちが強く出る事が多いのです。

 そして就職などした時に、自分が行きたかった大学に通っていた同期や後輩などがいると、その人より自分は劣っていると思ってしまったり、相手や自分に対して嫌悪感を抱くようになってしまうことがあるようです。

【スポンサードリンク】

高卒の方の学歴コンプレックス克服方法

  • 学歴より人間性が大事
  • 大学を卒業する
  • 何か目標を立てて達成する
  • 周りで高卒の立派な人を探す
  • 資格を取得する

【学歴より人間性が大事】

 学歴にコンプレックスを持つ人が多いのは、仕事の時ではないでしょうか?

 でも、よく考えてみてください。

 確かに就職試験などでは今でも学歴重視という風潮が見られる企業もあります。

 しかし、入社してからはどうでしょうか?

 仕事をする上で大事なのは学歴どうこうではなく、人間性ではないでしょうか。

 行動力があったりやる気が目に見えて周りともしっかりコミュニケーションが取れれば仕事だって上手く回りますし、任されることだって多いはずです。

【大学を卒業する】

 高卒に対するコンプレックスがあるなら大学を卒業すれば良いのです。

 働きながら大学に通うのは時間もないし、お金もないし無理だと思うかも知れませんが、そんな時には通信制の大学があります。

 どうしても高卒が嫌!!というのなら通信制でも大学を卒業すれば一気に大卒の仲間入りです。

【何か目標を立てて達成する】

 コンプレックスを持つということは、誰かと比べて悲観したり劣等感を持つと言うことです。

 人より優れた何かを手に入れることでコンプレックスも解消出来るのではないでしょうか。

 仕事だけでなく、日常での趣味やその他の事で自分で努力して何かを成功させて自信につなげていきましょう。

【周りで高卒の立派な人を探す】

 高卒でもコンプレックスを持たずに立派に過ごしてる人も大勢います。

 高卒でもこんなにすごいんだと思えるような尊敬できるような人に出会えると自分にも自信が持てるようになります。

【資格を取得する】

 学歴に劣らないぐらいの資格を取得して自信に繋げる方法です。

 資格なら通信講座で取ることも出来ますし、複数取得も可能です。

 その資格で仕事などにも良い影響があるかもしれません。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ