甲子園での夏の高校野球の入場チケットは、いくらするの?また、いつから買えるの?

【スポンサードリンク】

 夏と言えば、甲子園で行われる高校野球全国大会ですね。

 普段はテレビで観戦しているけれど、チケットが取れるなら間近で観戦してみたいと思ったことはありませんか?

 しかし、思ってはみたものの、高校野球の入場チケットの値段や購入の仕方など、チケットに関して購入した経験の無い方は疑問点がいくつも出てくることでしょう。

 野球ファンだったら、一度は夏の甲子園球場で高校球児の応援をしたいと思うはずです。

 仕事がたまたま休みになったとか、急に大阪へ出張になった・・・というチャンスを逃さない為にも、チケット購入における情報を提供させて頂きます。 

 そこで、今回は夏の高校野球の入場チケットの販売日、値段、購入方法などご紹介していきます。

夏の高校野球の日程

開催日 試合数
第1日 8月7日(月) 9時開会式 1~3試合(1回戦)
第2日 8月8日(火) 1~4試合(1回戦)
第3日 8月9日(水) 1~4試合(1回戦)
第4日 8月10日(木) 1~4試合(1回戦)
第5日 8月11日(金) 1~2試合(1回戦)、3試合目(2回戦)
第6日 8月12日(土) 1~4試合(2回戦)
第7日 8月13日(日) 1~4試合(2回戦)
第8日 8月14日(月) 1~4試合(2回戦)
第9日 8月15日(火) 1~3試合(2回戦)
第10日 8月16日(水) 1~4試合(3回戦)
第11日 8月17日(木) 1~4試合(3回戦)
第12日 8月18日(金) 1~4試合(準々決勝)
第13日 8月19日(土) 休み
第14日 8月20日(日) 1~2試合(準決勝)
第15日 8月21日(月) 14時 決勝戦 終了後に閉会式

 上記のような日程になっています。

基本的な試合開始時間

 1試合目→8時~ 
 2試合目→10時30分~ 
 3試合目→13時~ 
 4試合目→15時30分~となっています。

時間が変更されている日にち

 ※8月11日と15日は開始時間が違います。
 1試合目→9時30分~
 2試合目→12時~ 
 3試合目→14時30分~

 ※8月20日の準決勝
 1試合目→10時~
 2試合目→12時30分~

 ※決勝→14時~となっているのでお間違えないようにしてください。
 

チケットの値段

 チケットの値段は、座席によって変わってきます。

 チケットは大人料金、子供料金で分けられています。

 こども料金は4歳以上~小学生以下です。

中央特別自由席

 いわゆるバックネット裏の席です。  

 バックネット裏なので球場全体が見渡せますし、選手との距離が近いのでグラウンドで戦っている選手の臨場感を一緒に体感することも出来ます。

 チケット代は、大人、子供ともに2000円です。

1・3塁特別自由席

 この席は、1塁側と3塁側それぞれのベンチの上方の位置にあります。

 やや斜めになってしまいますが、打ったボールの行方が見やすいですし、外野や内野の動きもしっかりみることができます。

 この席は、唯一、前売り券が発売され、一般の人が購入する席で多いのが特徴です。

 チケット代は、大人1500円、子供600円です。

1・3塁アルプス席

 
 この席は、主に関係者が座っています。

 在校生、OB、家族、応援団、吹奏楽など代表校に関わる関係者の多くが座って居ます。

 関係者が多く座っているので、応援に熱が入っていますし、一体感がすごいでしょう。

 一般の人でも購入可能なので、その高校にゆかりがあったり、地元の高校で応援したい場合には、購入をオススメします。

 チケット代は、大人、子供ともに600円です。

外野席

 外野席は、無料で開放しています。

 一番遠いので、見にくいかと思いますが、雰囲気だけでも味わいたいという人にはオススメです。
 

ボックス席(1・3塁特別自由席エリア)

 ボックス席は指定席で、4人用・5人用と席が囲まれていて、一緒に来た人とゆっくり見ることが出来ます。

 囲いがあるので、半個室みたいな感じになっているのも特徴です。

 だた、ボックス席は上方にあるので、やや見えずらいこともあります。

 チケット代は4人用で8000円と9000円の2種類、

 5人用で10000円、11000円、13000円の3種類あります。

マス席

 1・3塁特別自由席エリアにあります。

 指定席です。

 5人席で12000円、6人席で15000円です。

ペア席

 中央特別自由席エリア、3塁特別自由席エリアに指定されたペア席があります。

 中央ペア席は定員2名まで、6000円

 3塁ペア席は定員2名まで、5000円です。

アルプスデッキ席

 1・3塁側のアルプス席エリアに16名まで座れる指定席です。

 大勢での鑑賞には最適です。

 料金は16000円で、16名であれば1人あたり1000円で見られ、大勢であればお得です。

【スポンサードリンク】

 

チケットが購入出来る日

試合当日

  • 中央特別自由席
  • 1・3塁特別自由席
  • 1・3塁アルプス席

 上記にあげた席は当日購入が基本です。

 朝、開門時間と同時に、球場正面横の入場券販売窓口で売り出されます。

 当日券は日によっては長蛇の列になることがあるので、早めに会場へ行くのが良いでしょう。

前売り券

  • 一塁特別自由席
  • 三塁特別自由席
  • ボックス席
  • マス席
  • ペア席
  • アルプスデッキ席

 上記のチケットは、前売り券として購入することが出来ます。

 準々決勝までなら、7月14日(金)~試合前日の午後6時まで購入可

 準決勝と決勝は、準決勝前日から試合前日の午後6時まで購入可となっています。

 販売場所は、ローソン、セブンイレブン、サンクス、ミニストップ、チケットぴあで購入出来ます。

通し券(前売のみ)というのもある

 甲子園に毎日試合を見に行きたいという人には、この通し券がオススメです。

席種 料金
中央特別自由席 28000円
1塁特別自由席 21000円
3塁特別自由席 21000円

 発売日は、7月14日(金)~8月6日(日)までです。

 販売場所は、主に関西圏で発売しています。

 通し券または、他のチケットの概要は日本高等学校野球連盟のHPに記載してあるのでそちらをご参照ください。

 公益財団法人 日本高等学校野球連盟HP

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ