女性の毛深いという悩みはございませんか?原因と解決策を教えます!

【スポンサードリンク】

51f47c10f9c49fefbefce94c9a3270f8_s

 男性並みに毛深くて、肌を恥ずかしくて露出できない!とお悩みの女性が意外と多いという事を聞いています。

 毛の量が多くてすぐに生えてきてしまうので、処理するスピードが追いつかないなど、悩みを持っている方は今回朗報です!

 身体に生える毛は身体を守る上では、とても大切な役割を果たしていますが、出来ればムダ毛のないツルツルなお肌が良いですよね。

 女性の場合は、ムダ毛処理は当たり前のようになっていて、毛深いと見た目もイマイチで周りからの評価も気になります。

 女性にとっては、毛深いということは相当なストレスになりますよね。

 毛がたくさん生えて毛深くなってしまう原因には、いくつかあります。原因を知って改善出来るように努力すれば、毛深い悩みが解消するかもしれません。

 そこで今回は『女性が毛深くなってしまう原因とその解決方法』をまとめました。

女性が毛深くなってしまう原因

【遺伝的要因】

 男性同様、女性も両親のどちらかが毛深い体質だったり、祖父母が毛深い体質場合は、高い確率で遺伝するようです。
 
【ホルモンバランスの乱れ】

 毛深くなる理由は、男性ホルモンが関係しています。

 『女性なのに男性ホルモン?』と思われるかもしれませんが、実は女性も男性も、男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持ち合わせているのです。 

 しかし、どちらにもあると言っても量に大きな違いがあります。もちろん、女性なら女性ホルモンが多く、男性なら男性ホルモンが多いのです。

 ちなみに、女性の体内に含まれる男性ホルモンは、女性ホルモンの10分の1以下程度しかありません。

 ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの割合が急激に増加してしまって毛の量が増えたり、毛が太く濃くなってしまったりと、毛深くなってしまうのです。

【食生活】

 
食生活においても男性ホルモンを増加させてしまう要因があります。

 お肉ばかり食べていたり、不規則な食事摂取の仕方をしていると、男性ホルモンが上昇すると考えられています。

《男性ホルモンを促進させてしまう食べ物》
・牛肉や豚肉など肉類
・牡蠣
・キャベツ
・ネギ
・ニラ
・ニンニク など

 可能ならば、和食中心のメニューをバランス良く摂取すると良いとされています。

【睡眠不足】

 十分な睡眠を取ることでホルモンが活発に分泌されています。短時間の睡眠では、ホルモンバランスが悪くなってしまうので、出来るだけ多くの睡眠時間を確保しましょう。

【多毛症】

 多毛症というホルモンの病気かもしれません。明らかに男性のように太く長い毛が生えている場合は、この病気を疑ってみましょう。
 
 この病気の診断は、血液検査でホルモンの量を調べることで明らかになるので、不安な人は1度病院を受診することをオススメします。

【スポンサードリンク】

解決方法

 遺伝的なものは改善することが難しいかもしれませんが、毛を処理することでほとんどのケースは改善はできます。

 その他ケースも、工夫次第で改善出来る場合が多いので、まずは実践してみましょう。

【生活習慣を見直す】

 上記でも説明しましたが、ほとんどの場合は、生活習慣の乱れからくるホルモンバランスの異常によるものです。

 ですので、食生活の改善、睡眠不足の解消など、生活習慣を見直しましょう。

【女性ホルモンを増やす】

 ホルモンが乱れるということは、女性ホルモンが少なくなったということです。
 
 そこで、女性ホルモンを増やしましょうと言うわけです。
 
 女性ホルモンを増やすのに代表的なものと言えば、大豆製品に含まれる『イソフラボン』

 豆乳や豆腐、味噌、醤油といった大豆を原料とする製品など、気軽に摂取出来るものが多いので、普段から意識して取り入れると良いでしょう。

【ムダ毛処理の仕方を見直す】

 ムダ毛処理で一番多く実践されているのは、シェーバーなどで剃る方法だと思います。

 簡単なので頻繁に使用している人も多いと思いますが、シェーバーで剃ると肌の負担がかかる上に、キレイに剃れたと思っても断面は斜めになっています。

 なので、伸びて来た時に濃く見えたり、剃ったところが黒くブツブツと見えてしまったりと、あまり良いことはありません。

 使用することが悪いことではないですが、期間を開けたり、処理後は保湿剤を使用したりとケアをきちんと行うことが、とても大切になってきます。

 また、毛抜きで抜いて処理をしてしまう人がいますが、毛抜きで抜いてしまうのも肌に負担をかけるだけではなく、肌の防衛機能によってさらに濃くなってしまう可能性があるので出来れば控えた方が良いでしょう。

【脱毛サロンに通う】

 やはり肌に負担をかけず短時間でキレイになるなら、お金をかけて専門の方にお任せするのが良いでしょう。
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ