男性の方、毛深い!ということで悩んでいませんか?その悩みを解決いたします!

【スポンサードリンク】

1c68517d5939866c34aac79707917ddf_s

 お友達とか会社の同僚に、毛深いなぁ!とか言われて悩んでいる男性の方が意外に多い?と聞きます。

 昔は、毛深いと男らしいという意味合いから、逆に毛深い方がいいという風潮もあったようですが、、、。

 今ではそういった男っぽさより、清潔感や爽やかさのある男性の方がより好まれるようになり、自身の毛深さを気にして処理する人も増えているようです。

 しかし、女性のムダ毛処理とは違い、男性の場合はすべて処理してツルツルの状態にするのではなく、今生えているものを少し減らして整えていくということが理想的な処理の仕方だと思います。
 
 そこで今回は『自然に見える処理の仕方で、毛深さの悩みの解決方法』をまとめました。

そもそもなぜ男性が毛深いのか?

 男性が毛深くなる2つの理由

  • 遺伝的要因
  • 男性ホルモン要因

【遺伝的要因】

 自分の両親または親のどちらかが毛深いと、高い確率で子供も毛深くなるという研究結果が出ています。

 また、隔世遺伝と言って、両親のどちらも毛深くなくても、祖父母が毛深い場合は、孫の代まで毛深さが遺伝する場合があります。

 これは、遺伝的要因の1つとされています。ただこの遺伝要因はまだ研究の段階の途中なので、どのようなメカニズムで遺伝するかはまでは分かっていないようです。

【男性ホルモン要因】

 男性ホルモンの一部であるテストステロンというホルモンが毛の生成を促し、体毛を太く、濃くしていく働きがあります。

 このホルモンが多ければ多いほど、毛深くなるようです。

 ただ、この男性ホルモンが減れば毛も薄くなるのではないか?と思うかもしれませんが、男性ホルモンの役割は重要なので簡単にはそうだ!とは断言できないのです。

《男性ホルモンの役割》
・骨格をよくする
・筋肉をつきやすくする
・血管を強くし健康に保つ
・内臓脂肪を減らす
・アレルギーを予防する
・意欲や行動力を高める など・・・・

【スポンサードリンク】

オススメ処理方法

 男性のむだ毛処理は、ひげ剃りと同様に簡単に済ませれば良い、という問題ではありません。

 部位によってはツルツルの状態では不自然であり、処理したことが周りにバレて少し恥ずかしい思いをするかもしれないからです。

 あくまでも自然でさりげない感じに仕上げるのが、男性のむだ毛処理のポイントです。

【はさみやスキばさみでカットする】

 長さや量を少し調整するだけで、かなり印象が変わります。ハサミなら今すぐにでも挑戦出来るし、簡単です。

 一気に処理するとバランスが悪くなり、見た目にもすぐに分かるので、確認しながら少しずつ進めていきましょう。

【バリカンを使用する】

 バリカンは髪を切るだけではなく、上手く使用すれば毛深いむだ毛を目立ちにくくしてくれます。

 バリカンの刃はミリ単位で調整できるので、長さを調整するにはオススメの方法です。

 個人差はありますが、およそ6~9ミリの間で使用すると良い感じになります。

【メンズエステに行く】

 一番良い方法はプロに任せる事です。メンズエステでは、女性のエステ同様に脱毛コースがあり、レーザーを照射して処理していきます。

 何かが起きない限りは、希望通りに処理してくれますし、キレイに仕上がるので見た感じも良く、まずはこの方法がオススメです。

 しかし、エステは利用料金と時間がかかるので、その点は注意が必要です。

【家庭用レーザー脱毛器】

 メンズエステが普及しているとはいえ、実際に通うには少し抵抗感がある人や、営業時間に通えないと言った人には、家庭用のレーザー脱毛器がオススメです。

 家庭用でも長期的に使用すれば、次第に薄くなっていきます。

 ただ、安い機器だと2万円前後ですが、きちんとした効果が期待できる機器だと、平均4~5万円は最低限必要になってきます。

 少々お金がかかってきますので、この辺りは慎重に選択される方が良いと思います。

【除毛・脱毛クリームの使用】

 大量に広範囲を短時間で処理できるので、費用対効果は良いのですが、一気に毛がなくなるので一時的にツルツルになってしまいます。

 また、薬剤を使用するので、肌が弱い人は肌荒れを起こす可能性があるなどトラブルも起こしやすいので、使用する際は注意が必要です。

【抑毛ローション】

 即効性はありませんが、毎日長期的に使用することで、少しずつ毛が細くなり薄くなってきます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ