お腹の脂肪でお悩みの女性にお伝えしたい方法があります。お腹の引き締めにはこの方法が最適!

【スポンサードリンク】

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s

 年齢に関係なく、世の中の女性というものは、自分自身のスタイルに関しては、かなり敏感に意識していると考えられます。

 もし、身体に脂肪がついてきてしまったら、なんとかしてダイエットしなくては・・・・?とすぐに考えるのではないでしょうか?

 普段の生活では洋服などで隠れているお腹周りですが、脂肪を指でつまむと簡単につかめたりしたら、もう大変ですよね。

 また、ズボンの上にちょこんとお肉が乗ってしまうところまで行ってしまうと、ダイエットをしてもなかなか減らないので、改善するにはそうとうな覚悟と努力が必要です。

 お腹の脂肪が原因で、見た目が良くなかったりしたら、早く痩せなきゃ!って思いますよね。
 
 この脂肪は、女性に多いとされている皮下脂肪が原因なのですが、皮下脂肪を退治するには根気よく続けなくてはいけないことがあります。

 そこで今回は『お腹の脂肪でお悩みの女性に、皮下脂肪を効果的に落とす方法』をお伝えします。
 

 

女性に多いのは皮下脂肪型肥満

 皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあり、つまむことの出来る脂肪です。

 よく女性でお腹や二の腕など触るとプニプニ、タプタプしている脂肪がこの皮下脂肪です。

 この皮下脂肪は筋肉量が少ない所につきやすいので、男性より筋肉量が少ないの女性につきやすいのです。

 もう1つ女性に多い理由として、女性ホルモンとの関係があります。

 女性は妊娠したときに、赤ちゃんを守るために皮下脂肪を多く蓄える必要があるとされています。

 お腹が妊娠で大きくなっている時に、外的に刺激があっても皮下脂肪がダメージを吸収して守ってくれるので、一般的に女性に多くの皮下脂肪が溜まると言われています。

残念ながら皮下脂肪は落ちにくい

 皮下脂肪は、男性に多いとされている内臓脂肪よりも落ちにくいので、女性の方にとっては大きな悩みの種です。

 では、なぜ皮下脂肪が落ちにくいとされているか?それは、エネルギーを体内に貯蓄している役割を持つ脂肪だからです。

 何らかの理由で食事が出来なくなってしまうと、身体に十分な栄養が行き渡らなくなり、栄養が不足してしまいます。

 そうなると、私たちの身体は十分な機能を果たさなくなってしまいます。

 その時に身体を動かすエネルギーとして活躍するのが、この皮下脂肪なのです。

 いわゆる私たちの体内の非常用の栄養源です。非常事態の時に活躍する働きがあるために、なかなか普段は落としにくいとされているのです。

【スポンサードリンク】

食事を減らせば皮下脂肪も減る?

 エネルギーを貯蓄しているということは、食事を減らせば良いのでは?と思ってしまいますよね?

 でも、食事をいくら減らしたからといっても、皮下脂肪が減るわけではないのです。

 長年の食事で消費されずに残ったものが、積み重なってお腹に蓄積されたものが皮下脂肪なので、食事の量を減らしただけでは、お腹についた皮下脂肪を減らすことは出来ません。

 ただ、食事に関しては、食べる物や量に気をつけていれば、増加しないように予防することは可能です。

皮下脂肪を落としてお腹を引き締める方法

 皮下脂肪を燃焼させるには、根気よく努力していくことが必要です。

【有酸素運動と無酸素運動を組み合わせる】

 皮下脂肪を落とすには運動が最も有効な方法です。
 
 ただし、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うことが重要!

 脂肪の燃焼の仕方を順番でいうと、ブドウ糖→内臓脂肪→皮下脂肪の順に燃焼していきます。

 ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をすれば、徐々に脂肪を燃焼することが出来ます。

 ただし、皮下脂肪まで燃焼するのには相当な時間をかけて有酸素運動をしなくてはいけません。

 さすがに長時間続けてウォーキングやジョギングは体力的に厳しいですし、効率が悪くて続ける気力も落ちていきます。

 そこで無酸素運動の出番です。無酸素運動は筋トレや短距離走など、瞬発的に筋肉を鍛える運動の事です。

 筋トレなど無酸素運動を行うことで、成長ホルモンが分泌されます。

 成長ホルモンは代謝を良くしてくれます。そして、皮下脂肪を分解して脂肪を燃焼させてくれます。

 なので、有酸素運動と無酸素運動を併用して行うことで、より脂肪が燃えやすい状態を作り出してくれるのです。

 運動をするときには、まずウォーミングアップをかねて筋トレを軽くしてから、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をする事をオススメします!

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ