女性の汗のにおい対策。汗の種類と原因から考えてみた

d05c99fc3a6fd8ef3a6211b8969942cf_s

 汗のニオイって気になりますよね?特に夏の季節は汗をかきやすい季節なので、男性よりも女性の方が、ニオイを気にしてしまうのではないでしょうか?

 意識することなく自然とかいてしまう汗ですが、汗のニオイって気になりますが、何かニオイの対策をしていますか?

 汗をかくと肌がベタベタするし、ニオイも気になりますよね。なんかニオウなって思ったら、自分の汗のニオイだ!って気づいて「ドキッ」とした経験はありませんか?

 今回は女性が気になる『汗のニオイ対策として、汗の種類と原因を調べてみよう!』というテーマでまとめまてみました。

 これでバッチリと汗の対策をすれば、汗のニオイを心配する必要がなくなるので、より快適に夏の季節を過ごせますよ♪

 

【スポンサードリンク】

 

汗の種類

汗は汗腺というところから排出されます。その汗腺には2種類あるので特徴を見ていきましょう。

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

エクリン腺

 ほぼ全身にあり、その数はなんと200万個~300万個!特に頭や顔、手の平、足の裏に多く分布しています。

 エクリン腺から出る汗は、99%が水分で残り1%はアンモニア・尿素・塩素などの混合物になります。
 
 水分が主なので、サラサラとしている汗が特徴です。肌の表面にある汗孔という、肉眼では小さすぎて見えない穴から排出されます。

アポクリン腺

 外耳道、脇の下、へそ、乳輪、陰部、肛門など特定の場所にしかありません。

 アポクリン腺から出る汗は70%程度が水分で残りはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれています。

 白っぽいベタつく汗が特徴です。

汗は無臭なものだった
 どちらの汗腺から出る汗も、出始めてすぐにニオイが発生するわけではありません。汗そのものは基本的には最初は無臭なんです。

【スポンサードリンク】

なぜ?ニオイが出るのか?

エクリン腺

 エクリン腺から出る汗はほとんどが水分なのでニオイが出るということはまずないと言って良いと思います。

 汗の成分は酸性なので、酸性だと肌の常在細菌が繁殖しにくく、ニオイも出にくいのです。

 ただし、出にくいだけで出る場合もあります。それは強いストレスがかかっているときです。

 エクリン腺の汗は自律神経に大きく影響します。ストレスを受けると、血中の乳酸やアンモニアなどが急増します。

 これらの物質は肝臓で解毒されるようになっていますが、量が多いと処理しきれずに汗の中にアンモニアが大量に含まれてしまいます。
 
 アンモニアは水に溶けやすい性質があり、またエクリン腺から出る汗も蒸発しやすく、その汗が服に染みこんだりすると、ニオイの原因になります。

一方のアポクリン腺はというと・・・・

 アポクリン腺からでる汗はアルカリ性で、タンパク質や脂質が含まれています。アルカリ性の肌は菌が繁殖しやすく、タンパク質や脂質と結合すると嫌なニオイが発生しやすくなります。

 また、もともとアポクリン腺はニオイを放出させる腺なのです。動物はニオイでも仲間とコミュニケーションをとります。いわゆるフェロモンです。

 かつての人間もニオイでコミュニケーションをとっていた時代がありましたが、進化の過程でその機能は退化してその名残としてアポクリン腺があるとも言われています。

実はさらにもう1つ

 それは皮脂腺です。

 皮脂腺自体は普段は汗が出ないようになっていますが、脂っこい食事を食べ続けると皮脂腺が詰まってしまいます。

 そうすると、エクリン腺やアポクリン腺から出る汗も脂っぽくなり、強烈なニオイを発するようになるので注意が必要です。

対策

  • 食生活を改善する
  • 汗が出たらすぐに拭く
  • 衣類をこまめに取り替える
  • ストレスを溜めすぎない
  • お風呂で湯船につかる習慣をつくる
  • デオドランドスプレーを使うときは適量を使う

食生活を改善する

 脂っこい物やジャンクフードばかり食べていると、体臭の原因になります。野菜や魚といった、あっさり系の和食も食べるように心がけましょう。

汗が出たらすぐに拭く

 これをこまめに行うことを、非常にお勧めしたいです。タオルやハンカチでさっと拭くことが出来れば、細菌の繁殖を抑えられてニオイも出にくくなります。

衣類をこまめに取り替える

 汗で濡れた服のままだと、ニオイを発生させる菌が増殖しやすいので、汗をかいたら着替える事もニオイ対策ではかなり有効です。

ストレスを溜めすぎない

 ストレスが強いと交感神経が優位になり、エクリン腺からニオイのでる汗が出ます。

 また、ストレスで暴飲暴食したり生活自体が乱れがちになってしまうと、ニオイを発生するリスクが高まりますので、適度に身体を動かしたりリラックス出来るような環境作りをしてストレスを溜め込まないようにしましょう。

お風呂で湯船につかる習慣をつくる

 特に夏場はシャワーだけですませていませんか?嫌なニオイを抑えるには適切に汗をかくことも大事なのです。

 オススメは半身浴です。また、身体を洗うときにはゴシゴシはNGです。優しく泡で洗うことで良い常在菌を落とし過ぎることを防ぎます。

デオドランドスプレーを使うときは適量を使う

 一時的にニオイを消すには良い物ですが、使い過ぎると成分が毛穴に詰まり、逆にニオイを発生させやすくなります。

 また、汗のニオイと混じってニオイが強くなることもあるので使い方には気を付けましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ