ホワイトデーのお返しの本当の意味は?チョコ・クッキーなんでもいいの?

【スポンサードリンク】

 バレンタインデーでチョコ等をもらったら、そのお返しをするのがホワイトデーですよね。

 ホワイトデーには、クッキーやキャンディ、チョコなどのお返しとして使われるお菓子の種類は多いですよね。

 種類が多いとどれにしようか迷って、最終的にはどれでもいいや!と思ってお返しをしていませんか?

 本当にそれで大丈夫ですか?

 実はホワイトデーのお返しには、贈るものによって意味が違うのですが、ご存知でしたでしょうか?

 意味をしっかり理解して返さないと、後々後悔することになりますよ。

 そこで今回は、ホワイトデーで贈るものに含まれている意味をご紹介します。

ホワイトデーの歴史

 ホワイトデーとは、バレンタインデーでチョコレートもらった男性が女性へお返しをする日です。

 実際このホワイトデーが出来る前までは、一方的に男性がもらうだけで女性にお返しをする日が決まっていませんでした。

 そこで、公平にしなくてはおかしいという意見も出てきたそうです。

 そこで平等にするためにも、3月14日にお返しでキャンディーを贈る日として、全国飴菓子工業協同組合が1978年に提案しました。

 その後いろいろ準備期間を経て、1980年3月14日に第一回ホワイトデーが誕生したのです。

 最初の頃はキャンディーだけでお返ししていたのですが、このホワイトデーの行事が定着してくると、それに目をつけたお菓子業界がキャンディー以外のお菓子、クッキーやマッシュマロなどをお返しの定番にしようと動きました。

 こうして、お菓子をお返しに贈ることを続けて行こうということで、お菓子の販売促進の効果も大きいということで、ホワイトデーが今のような形になったとされています。

【スポンサードリンク】

種類別!ホワイトデーのお返しの意味

 ここでは、ホワイトデーにお返しで贈られているであろうお菓子の意味についてご説明します。

キャンディー

 キャンディーには『あなたの事が大好きです!』という意味が込められています。

 本命の彼女や女性に贈るのには、ピッタリな贈り物です。

 この意味を知っている女性ならば、誰でも嬉しいはずです。

 ただ、義理チョコとしてもらっている場合に贈ってしまうと、意味を知っている女性だとしたら重いと感じることもあるので注意しましょう。

クッキー

 クッキーには『あなたは友達です。』という意味が込められています。

 定番のクッキーですが、友達関係の人にお返しをしたりするのが良いでしょう。

マカロン

 マカロンは『あなたは特別の人です!』という意味が込められています。

 以前はあまり贈り物としてなじみがなかったのですが、最近ではスイーツブームでマカロンが取り上げられ、よく贈られるようになっています。

 マカロンは高級なお菓子ともされているので、これが意味の由来ともなったと言えます。

チョコやドーナッツなど

 チョコなどは特に意味はなく、無難な送りものと言えます。

 本当にお返しの意味で贈れるので、贈りやすいのではないでしょうか。

マシュマロ

 マシュマロは『あなたの事が嫌いです。』と、なんとも残酷な意味を持っています。

 マシュマロもホワイトデーには定番化しているのにこんな意味が込められているなんて驚きですよね。

 わざわざ物を贈って嫌いなんて伝える必要もないですよね。
 
 今ではマシュマロには悪い意味がありますが、本当は悪い意味なんかじゃなかったんです。

 実は、マシュマロが贈られるようになったのは、1977年に福岡にある老舗和菓子店が自社のマシュマロにチョコを入れた、チョコマシュマロを発売したことがきっかけだったんです。

 しかもこのチョコマシュマロには『君からもらったチョコレートを僕の優しさ(愛)で包んでお返しします』というとても心のこもった意味を持つものでした。

 この意味が一時的にブームとなり定番化したのですが、いつからか意味が嫌いという嫌な方向に向かっていったのです。

 どうして違う意味になってしまったかは不明とされていますが、意味合いが元々は違うという事実は知っておいてくださいね。

様々な意味があったとしても、もらえるだけで嬉しいのが本音

 意味も気になる所ですが、お返しがきたら誰でも嬉しいものです。

 正直、女性でも意味まで知っていると言う人は意外と少ないでしょう。

 贈るという気持ちが大切なのです。

 そこまで悩む必要もないと思いますが、意味も理解した上でホワイトデーの贈り物をすれば、今までとチョット違った気分を味わえるかもしれませんね。 

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ