歯を矯正するのに期間は最短でどれくらいかかるもの?

【スポンサードリンク】

 歯並びってやはり気になりますよね?

 歯並びが悪いと、かみ合わせが悪くなったり、見た目が悪かったりなど色々デメリットがあります。

 歯磨きにしてもなかなかすべての歯にブラッシンするのが骨を折れたりします。

 そんな時に、治療として行われるのが、歯の矯正です。

 子供から大人まで幅広い年代で歯の矯正が歯科医で行われているのですが、矯正と聞くと時間がかかるってイメージはありませんか?

 もちろん個人差はありますが、出来れば最短期間で治療を終わらせたいものですよね。

 そこで今回は、歯の矯正治療の期間や最短の治療法などお伝えしていきます。

歯科矯正の種類

 歯科矯正の種類はいくつかあります。

  • ラミネートベニア
  • ルミネアーズ
  • インプラント
  • ブラケット
  • マウスピース

 上記にあげた治療が主に歯科矯正として行われている方法です。

【ラミネートベニア】

 
 ラミネートベニアは、元々生えている自分の歯の表面を少しだけ薄く削り、その削ったところにセラミック製の板を貼り付けます。

 イメージを分かりやすくすると、つけ爪のような感じです。

 施術では、歯を0.5~0.7㎜ほど削るため、痛みが生じやすいので麻酔を使用します。

 適応は、すきっ歯などの一部の歯並びが悪い人や、ホワイトニングでは歯をきれいに出来ない人です。

【ルミネアーズ】

 ルミネアーズは、歯をほとんど削ることはなく、痛みがほとんどない矯正法です。

 歯を形成して型をとり、型が出来たら専用の接着剤で付着させます。

 適応は、すきっ歯の人や歯が折れて短くなってしまった人、ホワイトニングでは歯をきれいに出来ない人です。

【インプラント】

 インプラントとは、小さいネジのようなもの(インプラント)を使って矯正します。

 通常のインプラントで使われているものより、矯正用のものは、小さいので負担も少ないです。

 歯を動かすだけの目的で使用されるので、長期的な使用は向きませんが、矯正力は高めです。

 インプラントを埋め込むときには、麻酔をしてインプラントをする場所に1㎜程度の穴を開けます。

 そこにインプラントを埋め込み、歯の状態によって引っ張ったり押したりして固定します。

 インプラント矯正は、1本だけ治したいという時にも適応されます。

 意外と適応は幅広く、今まで抜歯をしないと矯正できなかったような歯でも、抜歯なしに矯正できる症例が増えています。

【ブラケット】

 ブラケットは、昔から歯科矯正で行われている一般的な方法です。

 ブラケットというワイヤーを、歯の表か裏に取り付けて固定します。

 ワイヤーで歯全体を引っ張って、歯の隙間や歯並びを矯正していきます。

【マウスピース】

 マウスピースは、ワイヤーも使わないですし、歯も削りません。

 自分の歯形をとってから、少しずつ理想の歯並びになるようなマウスピースを作ってもらいます。

 決められた時間にマウスピースをつけ、1ヶ月を目安に再度歯形をとり、新たなマウスピースをつくります。

 マウスピースは、作ったり検査する時には歯医者に通わなくてはいけませんが、それ以外は自分で装着出来るし、色も透明なものが多いので矯正していることが周囲に分かりにくいという利点があります。

【スポンサードリンク】

一般的な矯正期間

 上記であげた矯正法が、最も多く使われています。

 では、これらがどれぐらいの期間かかるかということですが、大体の目安を確認していきましょう。

矯正方法 期間
ラミネートベニア 3週間~2ヶ月程度
ルミネアーズ 1ヶ月~3ヶ月程度
インプラント 1年~1年半
ブラケット 2~5年、それ以上もあり
マウスピース 2ヶ月~1年半

歯の矯正を最短にする方法

 歯の矯正をする場合、時間がかかるのがデメリットともされてきました。

 ただ最近では、いくつかの治療の組み合わせによって、2~3年かかっていた治療も、半年~1年以内で済むケースも多くあります。

 歯の状態や、矯正が簡単なものであれば比較的、時間が短縮されるでしょう。

 今回、あげた治療法はあくまで目安であり、症状によってはもう少し長くかかることもあります。

 矯正を考えている場合は、出来るだけ腕の良い矯正歯科を探すことも時間短縮につながるでしょう。

 歯並びには個人差があるので、まずは医師と相談するところからはじめてみましょう。

 

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ