鼻毛が長い・太い理由って知っていますか?上手な対処法を教えます。

【スポンサードリンク】

 駅のトイレ等の鏡を見て、鼻から鼻毛が飛び出していて、「あっ!!」と思った経験はございませんか?

 気にして手入れをこまめにされていても、すこし油断していると鼻からはみ出してしまうことも良くあります。

 そういった関係で、鼻毛が太くて長いのが悩みと言う人も多いのではないでしょうか?

 鼻毛の問題はデリケートな部分でもあるので、誰かに相談するのもしづらい部分ではないかと思います。

 しかも、相談されても・・・という感じでしょうし、毎日の髭剃りと一緒でカットを怠らなければ良いのでは・・・で済まされてしまう事でしょう。

 しかし、鼻毛が長い・太いというのにはどういった理由があるのでしょうか?

 鼻毛は邪魔だな・・・と思う人も多いと思いますが、身体にとっては必要なものなので、存在する理由があります。

 今回は、鼻毛の役割や太く長い理由、対処法などご説明していきます。

 

鼻毛の役割

 鼻毛の長さや太さも気になる所ですが、まず鼻毛の役割も知っておきましょう。

 鼻の中に生えているので処理も意外と大変ですし、気づかないうちに鼻から見えていて恥ずかしい思いをする人も多いでしょう。

 なので、鼻毛なんかいらないと思う人もいると思いますが、鼻毛は実はとても重要な役割をしています。

 鼻毛の役割は、主にゴミやホコリなどをブロックして、体内に入らないようにしてくれています。

 つまり、フィルターの役割を果たしています。

 鼻の奥にはすぐ喉があり、気管、肺とつながっています。

 もしも、鼻の中に鼻毛がなくてツルツルの空洞の状態だったらどうでしょうか?

 空気を吸ったときに何も障害物がないので、ホコリやゴミなどが直接気管の中に入ってきます。

 そして肺に刺激が入り込んで炎症を起こし、肺炎を起こす原因となってしまいます。

 こういったリスクを回避しているのが、みなさんの悩みのタネである鼻毛なのです。

 鼻毛は鼻の粘膜に複雑に、そして複数生えています。

 複雑に生えている事で、ゴミやホコリなどが入っても鼻毛に絡まりくしゃみとして異物が体外に排出されるのです。

 ですので、鼻毛は邪魔なものではなく、とても重要なものなのです。

【スポンサードリンク】

鼻毛が長く太い理由

 鼻毛が長く太い理由はいくつか考えられます。

 1つ1つ説明していきます。

  • 男性ホルモン
  • 加齢
  • 大気汚染
  • 喫煙者

【男性ホルモン】

 男性ホルモンは、体毛を濃くする働きがあります。

 ひげや胸毛、脇毛など体内のあらゆる箇所に生える毛の生成に関わっているホルモンです。

 鼻毛も男性ホルモンが強いと、太く長くなります。

 男性ホルモンは男性に多いので、男性の方が鼻毛が長く太く濃くなりやすいです。

 しかし、女性でも注意しないと長く太くなってしまいます。

 というのも女性にも男性ホルモンは関係があります。

 女性も少量ですが、男性ホルモンが放出されています。

 実際は、女性ホルモンの影響で男性ホルモンの放出の量を抑えているのですが、女性の無理なダイエットやストレスなどでホルモンバランスが崩れると次第に量が多くなります。

 男性ホルモンが多く出ると女性でもひげが生えたり、体毛が濃くなったりするので鼻毛にも影響が出てきます。

【加齢】

 特に男性ですが加齢に伴い、ヘアサイクルの周期が長くなるので鼻毛が太く長くなりやすいのです。

 若いときには一定に生えても抜けていた毛が、年を取ることで機能が衰えて生えるまでに時間がかかり、抜けるのもその分遅くなるので長く太くなったように感じます。

【大気汚染】

 鼻毛の役割でも説明しましたが、鼻毛はフィルターの役割をしています。

 空気が汚染されているほど、鼻毛は体内にその汚れを入れないようにと機能を強化します。

 そして、それが鼻毛が長く太くなることにつながるのです。

 なので、普段の生活の中で空気が汚れている空間で生活されているかどうかでも判断出来ます。

【喫煙者】

 タバコは身体にとっては有害なものです。

 タバコの煙を出来るだけ体内に取り込まないように、鼻毛が長く太くなると言われています。

対処法

  • 鼻毛をカットする
  • 外出時マスクをする
  • ストレスを溜めない
  • 禁煙

【鼻毛をカットする】

 太く長い鼻毛は、カットするのが1番です。

 たまにピンセットなどを使って抜いてしまう人がいますが、それは絶対に辞めましょう。

 無理矢理抜くと粘膜に炎症が起きて、細菌が入ってしまうかもしれません。

 化膿してしまったら激痛ですし、病院での手当が必要になります。

 ですので、鼻毛はカットして長さを調節しましょう。

 鼻毛カッターを使えば、簡単に処理が出来ます。

 ただ、処理する場合にはあまり短くなりすぎないように、鼻毛が機能出来るくらいの長さは保ちましょう。

【外出時マスクをする】

 外出する時にマスクをすることで、空気の汚染から少しでも回避できます。

 マスクのおかげで、鼻のフィルター機能も穏やかになります。

 フル活動をしないので鼻毛が太くなったり、濃くなったりする確率も低くなるでしょう。

【ストレスを溜めない】

 特に女性に言えることですが、ストレスは男性ホルモンを活発にさせます。

 普段からストレスを上手に回避して、ホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

【禁煙】

 タバコを吸っている人は出来るだけ禁煙をして、吸っていない人も副流煙で煙が体内に入り込む可能性もあるので、出来るだけタバコを吸っている人に近づかないようにしましょう。  

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ