ゲリラ豪雨に備えたい対策グッズのオススメをご紹介します。

【スポンサードリンク】

 近年、暑い季節になると増加しつつあるゲリラ豪雨。

 チョット前までは晴れていたのに、急に雨雲が発達して空が真っ暗になって大雨がふることも多いですよね。

 特に夏の暑い時期は大気が不安定になりやすいので、ゲリラ豪雨が発生しやすくなっています。

 ゲリラ豪雨で困るのは、いきなり大雨が降ってくるので事前準備をしていないケースが多いという事ですね。

 傘を持っていても、あまり役に立たない場合も多いので、それ様の対策は今後必須となってくるでしょう。

 最近では、ゲリラ豪雨に対する対策グッズも豊富に売られているので、揃えてみるのも良いですね。

 今回は、ゲリラ豪雨の対策グッズで用意しておくと役に立つオススメ品をご紹介します。

ゲリラ豪雨ってどんなもの?

 近年、局地的にゲリラ豪雨と呼ばれる大雨がみられる地域が多くなってきました。

 ゲリラ豪雨というのは、急激に積乱雲が発達して一部の地域に集中して短時間に大雨をもたらすことを言います。

 ゲリラ豪雨の正式名称は、局地的大雨とされており、気象庁から注意報などが発令されたら注意が必要です。

ゲリラ豪雨による被害

 ゲリラ豪雨は、短時間で局地的な大雨をもたらします。

 よくバケツの水をひっくり返したような雨が一気に降ってきたと言われますが、それぐらい短時間での降水量が多いのです。

 そのため、以下のような被害が出ることが多いです。

  • 道路が冠水する
  • 道路が川のようになる
  • 地下鉄や地下に水が流れ込む
  • 小さい川なら水が一気に増水して氾濫危険がある
  • 雹や落雷、風などが強く破損物がでる
  • 車の中に閉じ込められる

 このように、ゲリラ豪雨が起こると様々な危険性が身近に起こります。

 被害に遭う前に、事前対策できることもあるので、準備しておきましょう。

【スポンサードリンク】

ゲリラ豪雨の被害に合わないために重要なこと

 ゲリラ豪雨の被害を避けるために重要なことを、2点ご紹介します。

自分の住んでいる町や地域のハザードマップを確認する

 ゲリラ豪雨で恐いのは、水害です。

 たくさんの雨が一気に降ると、水の逃げ場がなくなって浸水被害が出やすくなります。

 地形や、自宅の構造、周囲の環境(近くに川がある)次第で危険度が変わってきます。

 自分が、現在住んでいる場所や、普段から立ち寄る場所などの土地の防災情報を知っておくことは大切です。

 各自治体で、水害や災害などに関するハザードマップを提示しています。

 各自治体のHPなどで閲覧できるので、一度確認しておきましょう。

天気予報をチェック

 ゲリラ豪雨は、局地的で限定的なために予想が非常に難しいとも言われています。

 しかし、難しいからと言って対処出来ない訳ではありません。

 天気予報では、必ず雨や雷など発生しやすい場所には警報を出します。

 これらすべてがゲリラ豪雨と直接つながるわけではないですが、警報を知っておけば雨の対策は出来ます。

 天気予報で、大気が不安定で雷、雹などのキーワードが出たら注意しておきましょう。

 最近では、雨の状態を知らせてくれる便利なアプリなどもあります。

 雨が降りそうな時に、事前にお知らせしてくれたり、雨雲の動きをレーダーでみることもできます。

 こういったお知らせアプリをスマホ等に入れておけば、外出先でも突然の雨で困ることは少なくなるでしょう。

 また、天気は変わりやすいのでこまめにチェックすることや、自分で空模様の確認をすることも大切です。

 黒い雲やなんとなく雲が多くなって空が暗くなるようなことがあれば、雨が降る可能性も高いと気づくはずです。

 そういった場合には、頑丈な建物などに移動しておくなどの対策が可能になりますよね。

ゲリラ豪雨の対策グッズ

 そうは言っても、ゲリラ豪雨に遭遇してしまうこともあるでしょう。

 そんな時に活躍するグッズをご紹介します。

  • 折りたたみ傘
  • 折りたたみのレインブーツやレインシューズ袋
  • スマホなどの機器を入れる防水加工の袋
  • レインコート

 ゲリラ豪雨に遭遇して困ることは、全身や持ち物が濡れることです。

 ただ、あまりかさばる物は荷物になるので、持ち歩きたくはないですよね。

 そんな時には、折りたたみ形式のものを選びましょう。

 折りたたむことが出来ればバックなどにも入れやすく、かさばることもありません。

車に乗る人はこんなものもオススメ

 車に乗っている人で持っていて欲しいのが、窓ガラスを割る道具です。

 道路が浸水しまった時に、気付かずに水に車が浸かってしまうことも考えられます。

 また、車のバッテリーが上がってしまい、水の中に浸かってしまった車から出られないこともあります。

 周りが水害に遭い、緊急時に車内に取り残されたら大変です。

 そういった場合には、ただちに車外に逃げる必要があります。

 しかし、水に浸かった車は水圧によってドアが開かないことがほとんどです。

 車外に出るためには、窓を割るしかありません。

 そういった時のために、車の窓ガラスを割る専用のハンマーを購入しておきましょう。

 普段使用するものではありませんが、これだけ頻繁にゲリラ豪雨が発生して各地で被害を出している現状を考えて、万が一の時に自分の命を守るための準備はしておきましょう。
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ