運動会の服装に悩むママ必見!気温差の激しい秋にお薦めのファッションはこれだ!

【スポンサードリンク】

18cdcf700f92d1d49410d8bc1bba4504_s

 最近の運動会は夏の暑い時期を避けて、10月など比較的涼しい時期に開催されているそうです。

 秋の涼しい時期は、運動する子供たちにとっても保護者にとっても熱中症の心配が少なくて良いですよね。

 しかし、秋の運動会だと気温の変化が大きいので、どんなファッションにしていけば良いか迷われているママさんも多いのではないでしょうか??

 子供がメインの運動会だけど、意外とママのファッションって悩みますよね。

 周りのお母様やお子様達の目線もあるので、あんまりラフ過ぎる服装では参加出来ませんから・・・。

 運動するので、動きやすさ重視ではあるけれども、出来るだけオシャレにいきたい♪

 そこで今回は秋の運動会の服装に悩むママ必見の、オススメファッションをご紹介いたします。

運動会ファッション3つのルール

  • ヒールは履かない
  • 露出はさける
  • 動きやすく、カジュアルなファッション

【ヒールは履かない】

 ヒールなど底の高い靴は基本的にNGです。

 運動会は親子競技に参加したり、子供の写真を撮ったり、何かと動き回ります。

 また、外で行う場合校庭は砂であることが多く、ヒールなどでは滑りやすく怪我につながります。

 普段のオシャレで履くのとは訳が違うので、必ず底の低い靴やスニーカーなどにしましょう。

 スニーカーの中でもオススメなのが、ハイテクスニーカーと呼ばれるものです。
 
 ハイテクスニーカーとは、各メーカーの最新の機能を搭載したものであり、各メーカーによって様々な種類があります。

 『履き心地に優れたもの』『インソールに優れたもの』『軽量化に優れたもの』の3タイプに大きく分類されています。

 是非、お気に入りの靴を探してみてください。

【露出はさける】

 胸元が大きく開いたシャツや、ミニスカや短パンなど生足が見えるものは避けてください。

 また、気をつけなくてはいけないのはスキニーパンツなどです。

 ズボンなら足も見えないし、露出も少ないし大丈夫だろうと思いがちですが、しゃがんだり立ち上がったりという動作が意外と多く、下着が見えてしまうこともあるため要注意です。

 スキニーをはく場合には、長めのトップスを合わせたり腰にカーデガンを羽織ったりと工夫が必要です。

【動きやすくカジュアルなファッション】

 メインはあくまでも子供たちです。

 場違いな服装は、周りの人の目もあるので控えましょう。

 運動会は、オシャレさよりも動きやすさが重要なポイントです。

【スポンサードリンク】

 

寒さ対策には羽織り物を準備

 気候が安定しない秋の運動会時は、必ず1枚羽織るものを準備しましょう。

 カーディガン、シャツ、パーカーなどを選ぶと良いでしょう。

 また、ダウンベストなども秋ならではなのでオススメです。

 着用しないときには、腰に巻いたり肩にかけたりして、オシャレのワンポイントとしてアクセント使いするとオシャレに見えます♪

 

帽子もオススメ

 帽子は意外と運動会に必要なアイテムと言えるでしょう!

 暑いときには紫外線除けにもなるツバがついた帽子や、キャップなどが良いです。

 また、寒い時にはニット帽などを着用すると、寒暖の差にも対応出来ます。

オススメコーデ

【応援のみの場合】

 親子競技などに参加しないママにオススメなのは、ワイドパンツやガウチョパンツなどのゆったりした履き物に、トップスでシャツなどを合わせるコーデです。

 応援だけなので座って居ることも多いと思われるので、少しゆったりしている方がゆっくり観戦出来るので良いでしょう。

【親子競技に参加する場合】

 親子競技に参加する場合には、動きやすさが重要です。

 そこでオススメなのは、足さばきの良いデニムや細身のパンツスタイルにTシャツを合わせたコーデ。

 また、細身のスウェットパンツもオススメです。

 しかし、スウェットパンツは一見すると寝巻きにも見えるので、その時はシャツを合わせてキッチリみせたり、小物でアクセントを付けたりしてオシャレに着こなしましょう。

 以上になりますが、くれぐれも怪我に注意して、秋の運動会を楽しんで下さい。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ