副業をしている事を確定申告で会社にバレないようにする方法を教えます。

【スポンサードリンク】

 勤めている会社では就業規則で副業が禁止されているけれども、収入を増やしたくて副業を始めたいという人も多くいらっしゃると思います。

 しかし、副業が軌道に乗り一定の収入を得ることが出来ると、確定申告をしなくてはなりません。

 確定申告をしてしまうと、本業である会社にバレないか不安になってしまいますよね。

 もちろん確定申告以外でバレる可能性も多いですが、会社には何としても隠し通しておきたいですよね。

 そこで今回は、副業が会社にバレる理由や確定申告で副業がバレないための方法などをご紹介します。 

副業を禁止している企業が多い理由

 多くの会社は、副業禁止しているところが多いですが、その理由をご存じでしょうか?

 本業以外にもお金を稼ぎたいという気持ちで、副業をしている人が多いと思います。

 しかし、本業の会社としては他の仕事にとらわれずに、本業である会社の仕事で最大限の力を発揮して欲しいと思っています。

 副業をすることで、本業がおろそかになってしまったりしては、会社としては非常に困ってしまいます。

 社員の仕事が疎かになってしまえば、会社の業績にも影響が出て、経営にも悪影響を及ぼしかねません。

 万が一副業がバレたら、本業がクビになる恐れもあるので、そのことは忘れないでおきましょう。

確定申告でバレてしまう理由や他にバレるきっかけ

  • 確定申告
  • 友達や会社の同僚
  • 職種

【確定申告】

 
 確定申告では、容易に副業がバレてしまうことがあります。

 なぜバレてしまうかというと、住民税が大きく影響してきます。

 副業で収入が安定していると、必然的に住民税が高くなります。

 例えば、同じ会社にAさんとBさんという人がいて、どちらも独身でほぼ年収が一緒だとします。

 しかし、AさんとBさんの住民税の差が多くあるのです。
 
 年収などを元にして住民税は徴収されるので、AさんとBさんの住民税にかなりの差がある場合には、副業を疑われる可能性がとても高いのです。

 住民税は基本的に給料から天引きされます。

 会社の給与担当の人が気づいてしまったときには、会社にバレたということです。

 副業であまりにも収入が安定してしまうと、非常にバレやすい状態になってしまうのです。

【会社の同僚】

 副業を始めて、つい副業で調子づいてきてしまうと、誰かに話してしまいたくなる場合があります。

 その話してしまう対象が会社の同僚であった場合には、バレる確率がものすごく高くなります。

 話している本人はなんてことはないと普通に喋っているかも知れませんが、相手にとっては自慢話にしか聞こえない場合もあります。

 また、本業以外で収入を得ていることに対して羨ましくもあり、妬まれる可能性もあるでしょう。

 そういった感情を相手に持たせてしまったら、きっとどこかの時点であなたの副業を広めてしまうかもしれません。

 また、本業のビジネスにおいても非常にリスクが高くなるでしょう。

 あまり身近にいる人に話してしまうと、今まで隠し通せていた副業もバレてしまう日がくることになるので、口外する相手には注意をしましょう。

【職種】

 職種にも関係があります。

 副業と言っても職種は様々です。

 さすがに目立たないような職種を選ぶとは思いますが、人前に立つ仕事をしたりすると容易に誰かと会ったりしてバレる可能性があります。

 また、ネット上での仕事でも、注意は必要です。

 万が一自分がネット上で経営をし、何かを販売する立場になったときには、本名や住所を開示する必要があるからです。

 インターネットが普及している時代なので、万が一本名などが載っていれば簡単に検索でヒットしてしまいます。

【スポンサードリンク】

確定申告で副業がバレないためにできること

  • 副業分は自分で確定申告をする
  • 税理士に頼む

 

【副業分は自分で確定申告をする】

 本業は会社で行っていますが、副業の分は自分で行いましょう。

 普通徴収といって、自分でも確定申告が可能です。

 普通徴収で行うと、副業と本業を切り離して考えることができます。

 そのため本業で支払う住民税の額に変動が見られないので、バレる危険性も少なくなってきます。

 ただし、地域によっては普通徴収が認められない場合もあるので、確認が必要になってきます。

【税理士に頼む】

 確定申告をするには、予想以上に時間も手間もかかります。

 税理士に頼むとお金はかかりますが、相手はプロなので完璧に本業の会社に隠す事が出来るでしょう。

 また、自分で確定申告をした場合には、ミスや不備などが出てしまうことも考えられます。

 そういった点からも、税理士というプロにお任せするのが良いでしょう。

 少しでも税理士にかけるお金をセーブしたいという場合は、青色申告会という所で会員になれば、通常の税理士を頼むよりも安く面倒を見てくれます。

 自分専属でなくてもいいので、少しでもお金を安く済ませたい場合には、問い合わせてみるといいでしょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ