英単語の暗記法!これで1日100個覚えることも可能です!

【スポンサードリンク】

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_m

 「英単語が覚えられない」「英単語をどうやって覚えたらいいのか分からない」という中高生が非常に多いことに驚きます。

 中学1年生だったら、中学生から英語が始まるので、覚え方を教わっていない可能性があるので、上記のようなこともあって不思議ではない。

 しかし、中学2年生以上でこのようなことを言っているようでは、今までどうやって英語定期テストを受けてきたのか?
 
 これまでに英語の勉強をきちんとやっていないのでは?と心配になってしまいます。

 元々記憶をしていく勉強の経験をしていないと、なかなか覚えられないのも分かるのだが、暗記は努力すれば最低限なんとかなるだろう!という気持ちもある。

 しかし、実際には暗記物に苦戦している中高生が多いのも事実なので、このまま見過ごすことは出来ないということです。

 そこで、今回は【英単語】の暗記法!これで1日100個覚えることも可能です!について、ご紹介させて頂こうと思います。

まずは英単語を何度も発音してみる

 英単語を暗記するときに、ノートに何回も何回も書いて覚える生徒がいます。

 書いて覚える!という方法は、多くのお子様達が実践している方法だと思います。

 この方法が悪い!というわけではありません。

 一生懸命に書いている単語を「読める?」と聞くと、暗記が苦手な生徒はほぼ、読めません。

 読めない、発音出来ない英単語を一生懸命にノートに繰り返し書いて覚えようとしているのです。

 英単語に限らずに、国語の漢字でも、歴史の用語でも、読めない語句を覚えられるはずがありません。

 万が一覚えたとしても、その記憶は長続きしません。

 まずは、『書く』前に『読める』ように、声に出して言えるように練習しましょう!

 書くのは言えるようになってからで十分です。

次はシャドーで書いて見ましょう

 口で言えるようになったら、次は実際に手を動かしてみましょう!
 
 とは言っても、いきなりノートに書き始めるのではなく、シャドーで試しに書いてみることをお薦めします。

 シャープペンの反対側で書くふりをしながら、試しに書けるか練習してみる、という事です。

 実際に書くと、ノートのページがどんどん減っていきますし、書いている腕も疲れてきます。

 それが、シャドーであれば、ノートは消費しませんし、腕の疲労も格段に軽減されます(時間も短縮されるはずです)。

 シャドーで数回練習をして、「よし!もう書けそうだ!」となってから、実際にノートに書いて見ましょう!

 そして、その書いた単語が正しく書けていたら、次の単語をシャドーで同じように練習してみましょう。

 これを繰り返していけば、あっと言う間に10個くらいは覚えられるはずです。

【スポンサードリンク】

1週間で2回復習しながら英単語を覚え続ける方法

 この方法で英単語を覚えていくと、慣れてきたらおそらく1日30個は簡単に覚えられると思います。

 覚えようとすれば、100個も難しくはないのではないでしょうか?

 ただ、英単語は1日に大量に覚えるよりも、何度も何度も繰り返し練習することで記憶が定着していきます。

 なので、私からのお薦め方法は、2日間覚え続けたら3日目は2日間の復習をする方法です。

 これを1週間サイクルで習慣化していくスケジュールをご説明させて頂くと、

 (例)月(覚える) 火(覚える) 水(月と火の復習) 木(覚える) 金(覚える) 土(月~金までのを復習) 日(予備日orお休み)

 というサイクルを習慣化出来たら、英単語には苦労せずに英語学習が進むでしょう!

 1日の学習時間は30分以内で、1日30個を目標に頑張って下さい。

 そして、1週間のチェックをする土曜日は45分を目安に、その週の総復習をして下さい。

 また、毎月1回月末の日曜日は、その月に学習した英単語を確認テストをしてみると、より定着率がUPするのは間違いありません。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ