大学受験の勉強はいつから始めるべき?「今でしょ!」

【スポンサードリンク】

240_F_63438235_FvBG5xiHIwEa73xUz4AwTUJfQxLAeFvk
 
大学受験の勉強をいつから始めるべきかを考える場合には、まずはどのような入試形態で大学受験をしようと希望しているかによって大きく異なってくる。

 大きく分ければ、①指定校推薦・②AO・公募推薦・③一般受験の3つの入試形態に分けられる。

 また、志望する大学もそれぞれ個々人の将来の目標だったり、目指す職業によって受験しようとする大学も学部も大きく異なってくる。

 しかし、勉強を始める時点では志望校が明確に決まっていなくてもまだ大丈夫なので焦る必要はありません。

 ただ、どの入試形態を目指して勉強を始めるかを早い段階で決めておかないと、最終的に手遅れになる可能性は時間の経過と共に大きくなってきます。

 それでは、①~③のそれぞれの入試形態について、いつから勉強を始めるべきかを考えていきましょう。

大学受験の勉強をいつ始めるかは、どの入試形態で受験するかで決まる

 大学受験の志望校合格を考えた場合に、私は①指定校推薦を目指すことを強くお勧めします

 なぜかと言えば、志望校に合格する確率が一番高く、そして勉強が一番楽だというのが明らかだからです。ただ、ここでいう楽というのは、努力をしなくてもいいという意味ではありません。
 
 もし通っている高校から指定校推薦がもらえれば、大学入試が高校3年生の9月頃には終了します。そうすると、残りの半年間はアルバイトをしたり、車の運転免許をとりに行ったり、資格試験の勉強をしたりと時間を有効活用することが出来ます。

 そして、なにより一番大きなメリットは、早く進学先が決まる事で家族全員が「ホッ」と出来る安心感が早い段階で得られるということです。クリスマスや年末年始を穏やかな気持ちで楽しめるのは非常に大きい。

 まさに、このことが一番大きなメリットだと思います。
 
 一般受験をした場合と比較してみると、一般受験生はクリスマスだろうがお正月だろうが全く関係なく、朝から晩まで受験勉強をしなくてはなりません。そして、それが2月~3月の入試本番がすべて終わるまで続きます。
 
 受験勉強なんだから、それが普通だろ!と言われてしまえばそれまでなんですが、家族が背負う負担(時間的・精神的・金銭的)を考えると、約半年早く受験勉強が終結するのは、一緒に生活する家族にとっては非常に有難い話ではないでしょうか。

高校生は1年生の最初の中間試験から全力で勝負!


 ①指定校推薦で大学入試を目指す場合は、高校入学後の一番最初の中間試験から全力でテストの点数を取りにいく必要があります。

 なぜなら、指定校推薦は内申点が非常に重要視されていて、高校生最初の中間試験の結果から関わってくるからです。

 中学生の時は、1年生の内申点はほぼ高校入試とは無関係でした。でも、大学入試で指定校推薦を目指す場合には、最初のテストから点数から関係してくるので、全力で点数を取っていかなければならないのです。

 なので、高校合格後に『終わったー』という事で、一切勉強をしなくなってしまった生徒さんは、ここで失敗をします。

 つまり、大学入試までを視野に入れると、いつから勉強を始めるべきか?という質問に対しては、高校入学前からしっかりと予習中心の勉強を続けなければならない、ということです。

高校2年間あまり勉強できなかったという場合には、②AO・公募推薦か③一般受験でしょう。

 部活動に専念してしまったのか、アルバイトばかりになってしまったのかはわかりませんが、高校3年生になってからでは、2年間の内申点のマイナス部分を取り戻すことはほぼ不可能です。

 だから、内申点の関わりがほとんどない②AO・公募推薦か③一般受験で大学を目指すことになります。

 ただ、この場合に②を選択した場合は、それようの学習をしなければならない。小論文であったり、自己推薦文だったりと学校の授業にない勉強をして入試に備えなくてはなりません。

 基本的には予備校等で対策授業をやっていますので、それを受講して準備していただくのが良いでしょう。

 ③を選択した場合も、受験科目が絞られる分、学校の授業が全く関係してこない科目も出てきてしまいます。

 その科目に関しては、留年しないように赤点を取らない程度の学習に留めて、入試に関わる科目の学習に集中するのが良いでしょう。
 
 では、いつから始めるのがいいのか?については、やらなければいけないと気がついた『今でしょ!』ということになります。

【スポンサードリンク】

結論

 一番オススメの勉強を始める時期は、高校合格後の春休み期間中から始めるのが一番良いと思います。

 なぜなら、高校は受験に合格した生徒のみが入学してきます。そして、成績によって入学できる高校が異なってきます。

 ということは、高校生になると学校に自分よりもものすごく勉強が出来る生徒もいなければ、ものすごく勉強が出来ない生徒もいない!ということです。

 頑張ればトップもとりやすい一方で、さぼればビリになる可能性もあるということです。

 だから、毎年高校生になってから、中学校3年間で取ったことのないような成績が取れて、びっくりする生徒が数多くいます。

 中学校の時は、毎回良くても60点程度の点数だった生徒が、高校生になってから80点や90点をとって、クラス1位や学年1位を取って来ます。

 これは、中学生と高校生では普段の勉強の仕方が違っているのと、そもそも多くの中学生の勉強の仕方が間違っているからなのです。

 正しい勉強方法で勉強を進めれば、高校生では内申点が取れるので、大学進学においてはかなり有利になります。

 そして、それは早く始めれば早く始めた分だけのアドバンテージがあるということです。
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ