コーヒーの染み抜きってどうすればいいの?カーペットや本がよみがえります。

【スポンサードリンク】

20160427115807

 コーヒーを飲んでいて、ついうっかりこぼしてしまい、カーペットや本などにシミをつくってしまった経験はございませんか?

 コーヒーは水溶性なので、こぼした直後に水で丁寧に処理をすれば、そんな致命的なシミにはなりませんが、どうしても慌ててしまって、中々冷静に対応するのって難しいですよね。

 そんなシミが消えなくて、落ち込んで諦めていた方に朗報です!!時間が経過したコーヒーのシミも、自分で簡単に消せるんです。

 そこで今回は『コーヒーの染み抜きの仕方について』まとめてみました。

染み抜きをする前に確認を!!

 基本的に自分でも染み抜きが出来ますが、漂白剤などを使用するので、柄物は色落ちしてしまう可能性があります。

 色落ちしてしまって製品が台無しにならないためにも染み抜き前には以下のことを試してみることをオススメします。

色落ち確認方法

①今回使う洗剤を少量綿棒やタオルなどにつける
②①をシミがついた製品の裏側など目立たない場所にトントンと軽くたたく
③②で色がつかなかったら色落ちの可能性は低く、逆についた場合は色落ちをします

※色落ちが確認されてしまった場合は自分で行うことを避け、クリーニング店などで相談してください。

カーペットについてしまったコーヒーのシミの取り方

用意するもの

 台所用の中性洗剤・スプレーボトル2本・柄付きのブラシ(靴を洗うブラシでも可)・汚れても良いタオル数枚

準備

①1本のスプレーボトルに中性洗剤を入れ、水で5~10倍に薄める。
②残り1本のスプレーボトルには水を入れておく。
③シミの周りに付着しているホコリやゴミを取り除く

手順

①洗剤の入ったボトルを持ち、シミの中心に向かって外側からスプレーする。
②スプレーしたところにタオルを1枚のせる
③タオルの上からブラシをのせて、ブラシは固定したまま上下左右に軽く動かす
④カーペットの汚れがタオルに移ったか確認し、移っていたら面を新しく変える
⑤繰り返し行い完全にシミが移るまで続ける
⑥シミがタオルに移らなくなったら洗剤を落とす
⑦タオルを外し水入りボトルを洗剤のついていた場所へスプレーをする
⑧新しいタオルをのせ③同様に行う
⑨タオルに水分が移ったらタオルの面を変えて再び水スプレーをする
⑩カーペットのベタベタした感じがなくなるまで繰り返す
⑪毛並みが1つに固まらず、バラバラになるようだったら染み抜き完成!

ここで注意!
 シミが落ちないからといって強くブラシで擦るのはNGです。強く擦ると製品を傷めるだけではなく、繊維の奥に汚れが入ってしまい余計に落ちなくなってしまいます。

 なので、タオルに汚れを移していく感じで優しくトントンと根気よく行ってください。

 また、洗剤を完全に落とさないとベトついてゴミが付きやすくなるので、必ず落としきってください。

【スポンサードリンク】

本など紙製品についてしまったコーヒーのシミの取り方

用意するもの

 キッチン用漂白剤・コットンorガーゼ(ティッシュで代用可)・割り箸1膳・紙1枚・マスク

染み抜きする前に

①漂白剤なので、ニオイがキツく気分を害する恐れがあるためマスクをする
②換気を良くするため窓を開ける

手順

①シミを取りたいところの後ろのページに紙を挟む
②割り箸を割らずに、コットンorガーゼを挟みこむ
③②にキッチン用の漂白剤を垂れない程度に染みこます
④③を使いシミの部分に優しく、ペタペタと馴染ませる
⑤シミが消えたら新しいガーゼなどに水をつけて、漂白した部分に優しくトントンして落とす
⑥自然乾燥にて乾かす
⑦乾いたら染み抜き完成

紙を乾かした後に気になるシワについて

 どうしても紙を濡らして乾くとシワが出来てゴワゴワしてしてします。そんな時には、アイロンを使います。

 本を乾かして、9割がた乾いたところにアイロンを低温モードにして上から押さえつけるようにして当てると、シワがなくなります。

 完全に水分がなくなってからアイロンをかけると紙が焦げる場合があるので、完全に乾いてしまった場合には、本に湿らす程度に軽く水分をつけてから行ってください。

乾かした後も漂白剤のニオイが気になる場合

 漂白剤を使用すると、落としきってもニオイが残る場合があります。ニオイは大体1日~2日で消失していきますが、気になるようでしたら、風通しの良い日陰に置いておくと早くニオイが消えます。

注意点

 漂白剤でシミがキレイになりますが、本の種類や紙の性質によって文字が滲んでしまったり、紙が破れてしまったりすることもあるので、慎重に行い、決して無理をして行うのは止めてくださいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ