コールセンターの仕事って何やるの?どんな内容か調べてみました。

【スポンサードリンク】

 求人誌を見て見ると、よく掲載されているコールセンターでのお仕事の求人。

 未経験でも可能ですし、お給料も他の職種に比べてやや高めのように感じられます。

 とても良い条件なので、このお仕事をやってみようかなとも思いますが、実際に仕事内容がどんなものかが想像しにくいってことはありませんか?

 自分の周りにコールセンターで働いている人がいないので、状況を聞くにも聞けずに気になったまま時間だけが経過するのはもったいないですよ!

 当然ですが、このお仕事が合う人と合わない人っていますが、どんなお仕事なのか情報だけでも取り入れておくのは、今後の選択肢が増えるので大きなプラスですよ。

 そこで今回は、コールセンターの仕事の内容をご紹介します。

コールセンターのお仕事の種類

 コールセンターには、実は2種類のお仕事があるのをご存じでしょうか。

 どちらもコールセンターにとっては重要な顔であり、丁寧な仕事が求められます。

 コールセンターのお仕事は受信(インバウンド)と発信(アウトバウンド)と呼ばれる2種類があります。

 同じコールセンターでもそれぞれに違った役割があり、特徴も違います。

 その2種類の仕事内容について、これから説明していきたいと思います。

コールセンターの受信の仕事内容(インバウンド)

 インバウンドのお仕事は、簡単にいうとお客様からかかってきた電話を受けるお仕事になります。

 お客様からかかってきた電話に対して、相談や問い合わせなどに答えて行きます。

 時にはクレームの電話もかかってくることもあります。

 クレーム対応も、もちろん仕事のうちなのでしっかり対応します。

 こちらが悪くない場合でも、クレームに対しては真摯な態度で向き合い、相手に謝罪する気持ちが必要になります。

コールセンターの発信の仕事内容(アウトバウンド)

 アウトバウンドの仕事は、自分から相手へ電話発信をするという内容になっています。

 例えば個人向けだと、クレジットカードなどの料金支払いが滞っている人への督促や、キャンペーンのお知らせなど行います。

 企業に向けた場合だと、商品販売のための営業電話だったり、調査依頼などの電話をかけたりします。

【スポンサードリンク】

 

本当に未経験でも仕事が可能か?

 コールセンターのお仕事の募集を見てみると、ほとんどが未経験可とされています。

 未経験でも大丈夫と書いてあっても、やはり心配だと思います。

 しかし、多くの会社がきちんと研修を行い、その後仕事を開始するのです。

  • セキュリティ対策の研修
  • マナーについての研修

【セキュリティ対策の研修】

 コールセンターでのお仕事では、個人情報や企業情報などあらゆる情報を取り扱います。

 個人で守秘義務を守ることも重要です。 

 そしてパソコンを使用していることが多いため、最新のセキュリティをしっかりしておかないと情報漏洩につながります。

 情報が漏洩してしまったら、大きな信用問題にも関わります。

 ですので、初日にしっかりとセキュリティの問題については、勉強することになるでしょう。

【マナーについての研修】

 やはりコールセンターで大事なのは、マナーですよね。

 顔が見えないからこそ、声のトーンやボリューム、言葉使いが大切になってきますよね。

 敬語が使えればOKという訳ではなく、声の質にも気を配らなくてはいけません。

 そのためにしっかりと時間をかけて、研修が行われます。

マニュアルや上司もいる

 必ずマニュアルが存在します。

 インバウンドの場合であれば、お客様の質問に対してお答えするので、マニュアル通りに進まないことが多いです。

 そして、困って話が続かなければ、スーパーバイザーと呼ばれるコールセンター内にいる責任者や、より詳しい知識をもっている上司に頼む事ができます。

 またアウトバウンドの場合には、自分から電話をかけているので、マニュアルを見ながらその通りに進める事が可能です。

 そして、時折プラスアルファとして、話を追加するだけなので初心者でも慣れれば難しいことはないようです。

 ただ、その仕事の進め方はコールセンターにも違いはあると思うので、本当に仕事をしてみたいと思った時には、仕事風景を見学などさせてもらうのが良いでしょう。

 
 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ