自転車の防犯登録の変更や解除はどこでやるの?

【スポンサードリンク】

 自転車を所有している人なら誰しも必要になってくるのが、自転車の防犯登録です。

 防犯登録は現在は義務化されているので、新しく自転車を購入すると、購入したお店で必要事項を記入し登録することになっています。

 登録後に住所など変更がなければそのままで大丈夫ですが、引っ越しなどで登録していた情報と異なる部分が出てきたときには、速やかに変更をしなければなりません。

 また、自転車を譲ったり、破棄する場合にも登録の解除が必要となってきます。

 しかし、どこに行けば変更や解除が出来るのか、よく分からないことが多いと思います。
 
 その辺りが分からないので、その放置をしてしまう人が多いのだろうと思います。

そこで今回は、防犯登録の変更や解除はどこで行うのかご紹介します。

防犯登録の義務化

 防犯登録に関しては、以前は任意加入でした。

 ですので、入らなくても何も問題はありませんでした。

 しかし、自転車の所有者が増加し、それに伴い盗難も増加しました。

 また、駐輪場があるのにも関わらず、駐輪場以外に止めてしまう、いわゆる放置自転車の数が増加しました。

 こうした自転車によるトラブルの増加により、自転車の所有者をはっきりさせる必要があるという事が浮き彫りになりました。

 そこで、何か問題が起こった時に、確実に本人のもとへ返還できるようにと平成6年に義務化されました。

 ですので、現在は新品の自転車を購入するさいには、必ず購入店で防犯登録をするようになっています。

防犯登録の変更・解除に必要なもの

  • 自転車防犯登録カード
  • 自転車
  • 身分証明書
  • お金

【自転車防犯登録カード】

 自転車の防犯登録するさいに、自分の住所や名前など連絡先を記入したものの控えの紙です。

 必要事項を記入したもの以外に、自転車の防犯登録番号や車体番号などもお店の人が記載してくれています。

 これを防犯登録カードと呼んでおり、変更や解除する際に最も重要な書類となります。

防犯登録カードを紛失している場合

 自転車を購入して防犯登録をしていれば、必ずもらえるものですが、普段使うことがないだけに紛失している場合もあります。

 その場合には、所有していることが証明できるものがあれば、代用することが可能となります。

  • 自転車を購入したときの領収書
  • 自転車本体の保証書

 
 これらがあれば変更や解除は可能になります。

【自転車】

 自転車の本体には、必ず車体番号が印字されています。

 この車体番号と照会をして変更や解除の手続きを行っていきます。

【身分証明書】

 もちろん、書類変更の際には身分を明かさなければいけません。

 また、変更書類と照らし合わせて確認するので、所有者の現在地を証明できるものが必要です。

 免許や保険証、学生証などで大丈夫です。

【お金】

 無料でできるところもありますが、変更や解除のさいに数百円を登録料として納めるそうです。

【スポンサードリンク】

防犯登録の変更

 防犯登録の変更が必要な場合は、引っ越しや結婚などで登録していたものと相違が生じる場合に行います。

同じ県内で使用する場合

 同じ県内でしようする場合には防犯登録番号はそのままです。

 自身の連絡先を変更するだけなので割とすぐに終わります。

 必要なものは防犯登録カードと身分証と登録料です。

 
 変更できる場所

  • 防犯登録をしたお店
  • 大きい自転車販売店
  • 住んでいる管轄の警察署

 警察署で行いたい時に注意ですが、場所によっては受け付けていないところもあります。

 必ず問い合わせしてから行きましょう。

県外で使用する場合

 登録していたものを県外で使用するように変更する場合には少し違います。

①防犯登録をしたお店で解除
②新しい県の自転車販売店で再登録 

 住んでいた元の県で解除して、新しい場所で再登録という形をとります。

 都道府県で登録や変更に違いがあるので、変更も解除も新しい県内でできる場合もありますが、確実に変更するなら2度手間をかけますが、分けて解除と登録をしましょう。

 新しい県で登録する場合には、自転車本体が必要になってくるので忘れないように注意しましょう。

防犯登録の解除

 防犯登録の有効期限は、約10年です。

 都道府県によって少し違いがありますので、各自確認をおねがいします。

 有効期限が切れれば、解除しなくても登録が自動的に解除されるようです。

 有効期限の期間内の場合には、自分で解除する必要があります。

 

  • 防犯登録をしたお店
  • 大きい自転車販売店
  • 住んでいる管轄の警察署

 これらの場所に自転車本体・登録カード・身分証を持参して解除の手続きを行いましょう。

各都道府県によって違いがあるので確認を!

 上記で説明したことは一般的なやり方ですが、自転車の防犯登録については、全国統一ではありません。

 都道府県によって少しずつ違いがあるので必ず各都道府県の自転車防犯協会に問い合わせをしてからおこなってください。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ