弁護士費用の相場ってどのくらいでしょうか?よくあるケースでご紹介します。

【スポンサードリンク】

 弁護士とは無縁の生活を送っている方がほとんどだと思いますので、自分には関係ないものとか敷居が高いものというイメージってありますよね。

 また、弁護士に依頼や相談をすると、費用は高いのではないかというイメージも強く持っていらっしゃる方も多いと思います。

 しかし、法に関することは、弁護士に相談・依頼することが解決の近道であって、弁護士に依頼をする必要がある時もあります。

 では、一般的な弁護士費用の相場とはいくらぐらいなのでしょうか?

 相場を知っておけば、いざと言うときに、弁護士選びにも参考になると思います。

 そこで今回は、ケース別に弁護士を依頼するときにかかる費用の相場についてお伝えしていきます。

弁護士費用の説明

 弁護士にお願いをすると、様々な費用がかかってきます。

  • 法律相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 実費
  • 日当
  • 手数料

 上記のように、費用の内訳でもたくさんあり、以外と複雑であることが分かります。

 1つ1つ簡単ですが、ご説明していこうと思います。

【法律相談料】

 弁護士にお願いするかしないかは別として、弁護士と話す機会を設けてもらった場合には、相談料としての料金がかかります。

 大体、相談は30分で5000円というところが多いようです。

 また、法律事務所によっては無料相談を行っているところもありますが、回数制限や内容制限などがあるため、事前に電話やホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

【着手金】

 着手金は、弁護士に事案をお願いする場合に払う料金のことです。

 この着手金は、結果が成功であれ、失敗であれ必ず支払いをします。

 途中で弁護士を変更したりするようなことがあっても、基本的に返金はありません。

 ここの弁護士に依頼すると決めたら必ず支払う必要があるので、信頼できる弁護士をきちんと見極めることが大切です。

【報酬金】

 報酬金は、結果の成功に応じて支払いをするものです。

 難しい案件が成功したほど、報酬金は高くなり、比較的容易な案件であれば低くなります。

 変動があるので、事前に弁護士に相談しておくことが重要です。

【実費】

 実費とは、切手代や収入印紙、郵便内容証明代、鑑定費用など、裁判になるときなどに必要なものを集めたりするための支払いです。

 事務所によっては、この実費は依頼者ではなく弁護士が一部負担し、支払いをするケースもあるようです。

【日当】

 日当は、弁護士が事務所を離れて、出張で相談・依頼を受けたりするときに支払う料金です。

 弁護士が遠くへ出張したり、拘束時間が長いと料金がやや高くなります。

 料金の相場は、半日で5万以内、1日で10万程度とされています。

【手数料】

 手数料は、資料作成や債務整理など1回程度で終わるような事務的処理をしたときにかかるお金です。

 一般的には、着手金や報酬金とは別と考えられているので、単独で請求されます。

【スポンサードリンク】

弁護士費用の相場

 上記の内訳を理解したところで、次は、よくある事例で弁護士費用をご紹介していきます。

 ただし、ここでご紹介するケースはあくまでも目安で、案件の大きさなどによっては異なるのでその辺はご了承ください。

離婚問題

《協議離婚》

 着手金:20万前後、報酬金:30万前後

 合計として50万円前後が弁護士費用となります。
 
《離婚調停の場合》

 着手金:20万~30万前後 報酬金:20万~30万前後

 合計として、40~60万円が弁護士費用となります。

《離婚訴訟》

 着手金:30万~40万前後 報酬金:40万~50万前後

 合計として、70万~90万円が弁護士費用となります。
 
 ※離婚に関して弁護士に依頼する場合には、上記よりさらに高くなることがあります。

 離婚の場合に、依頼者に慰謝料が支払われたり、財産分与などがあったときに弁護士が介入したことにより、金額の増加がみられた場合は、その増加がみられた分の10%の料金が弁護士料金として上乗せされます。

 例えば、財産分与に1000万円あったとしたら、10%である100万円は弁護士費用にプラスされます。

交通事故

 着手金:20万円前後 報酬金:回収金額10%

 ただし、交通事故の場合には、着手金が無料となっているところも多くなっています。

遺産相続

 着手金:10万円~30万円程度 報酬金:獲得相続額の10%程度

 ただし、この料金プランは新形態のものであり、事務所によっては旧報酬規定タイプのものもあるため、注意が必要です。

刑事事件

 刑事事件の内容にもよります。

 着手金:30~40万円前後 報酬金30~40万前後

 合計は60~80前後です。

費用が出せないけど弁護士に依頼したいなら

 ここまで説明してきたのをみると、弁護士を依頼するのにもかなりのお金がかかります。

 経済面で余裕がないけれど、どうしても弁護士に依頼したい場合には、法テラスがオススメです。

 法テラスは国が設置したもので、経済的に困難な人でも無料で法に関する相談が出来て、無料相談が出来る弁護士を紹介してくれます。

 詳しいことは、法テラスのホームページがあるのでそちらをご参照ください。

 法テラス

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ