ビールは太ると言われていますが、その理由は何でしょう?

【スポンサードリンク】

 仕事が終わった後や暑い日にキンキンに冷やしたビールを飲むというのは、最高に気持ちの良い瞬間ですよね。

 仕事の疲れや暑くるしさが一気に吹き飛び、爽快な気分になる至福の時でもあります。

 こんな時には、特にビールが飲めない人はかわいそうだなぁと勝手に思う時でもあります。

 しかし、ビールを飲み過ぎると『太る』という話を聞いたことはありませんか?

 理由はよく分からないけれど、太るぞと言われたら、どこかでセーブしなくてはいけないと思ってしまいますので、せっかくの楽しみも半減してしまいますよね。

 よく聞く小太りの中年の方だと、『ビール腹』という呼ばれ方をします。

 では、本当に太ってしまう原因は、ビールなのでしょうか?

 そこで今回は、ビールが太ると言われている理由についてご説明していきます。

ビールで本当に太るのか?

 実は、ビール自体では太ることは少ないのです。

 ビールに含まれているアルコールには確かにカロリーが含まれているのですが、このカロリーはエンプティカロリーと呼ばれていて、体内に蓄積されにくいものなのです。

 蓄積されにくいといいましたが、これはアルコールのカロリーの消費の順番に関係するからです。

 アルコールのカロリーは、他の食べ物から取ったカロリーよりも優先的に消費されます。

 ですので、アルコールを単独で少量飲んだとしても、実際には太りにくいのです。

 しかし、あくまでもアルコール自体が太らないということであって、食べ合わせや飲み過ぎでは太ってしまいます。

 食べ物と一緒にアルコールを飲んだとしたら、アルコールが消費されるまでは食べ物のカロリーは消費されませんので、消費されない分は内臓脂肪として蓄積されます。

 また、アルコールの分解では中性脂肪の合成が進み、肝臓に脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 これが、俗に言う「ビール腹」の原因になるわけです。

【スポンサードリンク】

ビールで太る理由

 上記項目でもアルコール自体は太りにくいとご説明しましたが、気をつけないと簡単に太ってしまいます。

 ビールで太ると言われているのには、理由がいくつかありますのでご紹介させて頂きます。

  • ビールの飲み過ぎと糖質の関係
  • 食欲増進
  • 基礎代謝が下がる

【ビールの飲み過ぎと糖質の関係】

 そもそも、ビール自体に含まれているカロリー数が多いのです。

 缶ビール1本(350ml)で約140kcal、中ジョッキビール1杯(500ml)で約210kcal

 ビールが好きな人はとことん飲むでしょうし、缶ビール1本で終わらない場合が多いですよね。

 缶ビール1本のカロリーは、ご飯1膳分と大体一緒です。

 飲み過ぎるとカロリーを取り過ぎることになります。

 また、カロリーと同様にビールには、糖質が多く含まれています。

 カロリーオフ、糖質オフなどの商品も販売されていますが、糖質の取り過ぎは脂肪に変換されてしまうので、まさに太る原因となるのです。

【食欲増進】

 ビールを飲むと、脂っこいものやこってりしたものなどが食べたくなりませんか?

 ビールに含まれる炭酸の成分は、胃酸分泌を促進させて食欲を増進させます。

 また、脂っこい物を食べても炭酸のおかげで脂がさっぱりとするため、たくさん口にしても重いと感じることが少なくなるのです。

 その結果、お酒が進みおつまみで食べる食べ物の量も増えていくので、結果として太るという事につながるのです。

【基礎代謝が下がる】

 ビールは、飲む時には必ずと言っていいですが、冷やして飲みますよね。

 しかし、冷やしすぎることで身体が冷えて体温が急激に下がります。

 体温が急激に下がると、基礎代謝が落ちてカロリーの消費率が低下してしまいます。

 とはいえ、生ぬるいビールはおいしくないので、飲む本数に気をつけてビールを楽しみましょう。

太りにくくするビールの飲み方

  • おつまみの種類に注意する
  • 飲み過ぎない
  • 水分も一緒に摂取する

 
【おつまみの種類に注意する】

 おつまみの種類は、低カロリーでタンパク質の豊富なものにすると良いでしょう。

 例えば、お豆腐や枝豆などはおつまみの定番と呼ばれていますが、これらはカロリーが少ないのでオススメです。

【飲み過ぎない】

 やはり一番効果的なのは、飲み過ぎないということでしょう。

 多くても、缶ビール(350ml)を2本程度にとどめられるようにしましょう。

【水分も一緒に摂取する】

 アルコールを飲むと、代謝をするのに水分を多く使うため、脱水傾向になりやすいのです。

 ですから、コップ1杯程度の水は最低でも飲むようにしましょう。

 また、水を飲むことでアルコールの飲み過ぎも防止出来るので、意識して普段よりも多くの水分を摂取しましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ