ランニングの効果は夜と朝で違うの?夜と朝で得られる効果の違いを調べてみました。

【スポンサードリンク】

85f2696fc43b1eac1c5a25a5fe6fef25_s

 ランニングをする目的ってなんでしょうか?

 最近太ってきたからとダイエット目的かもしれないし、運動不足解消が目的かもしれません。

 そして、そのランニングをしている時間は、さまざまだとは思いますが、実は、朝と夜で効果が違うことはご存じでしたか?

 同じランニングなのに、時間帯によって効果が変るなんて、とても驚きですよね。

 この効果の違いを上手に活用できれば、ランニングをする目的によって、走る時間を変える事が出来ますよね?

 そこで今回は『ランニングにおける朝と夜の得られる効果の違い』についてまとめました。

朝にランニングをする効果

【脂肪燃焼効果が高い】

 朝、起床直後は空腹で血糖値が低い状態です。

 脂肪は燃焼されるときにはまず糖を分解してから脂肪を燃焼するという仕組みになっています。

 食事をしてしまえば、食事で取った糖類が体内に溜まってしまいますが、朝食を食べる前にランニングをすると食事でとる糖が蓄積されていないので、脂肪が燃焼されはじめる時間が比較的短時間で始めるのでダイエットには効果的と言えます。

【脂肪をエネルギー源として上手に使えるようになる】

 1日の時間帯の中で脂肪が1番燃焼されやすい時間帯は、朝食前です。
 
 ランニングを朝食前に行う習慣を身につけることで、代謝がアップし今まで蓄積されていた脂肪もより燃焼されやすくなり、さらに脂肪が蓄積されにくくなります。

【日中の活動力アップ】

 朝にランニングをすることで適度に身体が動き、脳が完全に覚醒されるため、スムーズに日中の活動が行えます。

 長時間ランニングをしてしまうと疲労感が出てしまいますが、程よい時間行うことで気分がスッキリしてモチベーションアップにつながります。

 実際に朝に運動をしてから仕事などを行うと作業効率がアップしたというデータもあるほどなので集中力をアップさせたい、気合いを入れたいという人は朝のランニングはオススメです。

【規則正しい生活が送れる】

 朝、太陽の光を浴びることで体内のスイッチが切り替わり1日の生活が規律良く行われます。

 不規則な生活をしているとすぐに体内バランスが崩れて不調が続きます。

 朝にランニングをする習慣が身につけられれば夜遅くまで起きている事もなくなり、早寝早起きが出来て健康的な生活を送れるようになるでしょう。

朝にランニングをする際の注意点

【準備運動はしっかりと行う】

 朝、起きたばかりだと身体や脳は完全に目覚めていない状態です。

 このような状態でランニングを始めてしまうと転倒をしたり怪我のリスクが高まります。

 朝ランニングをする際には必ずストレッチや準備運動をして身体を温めてから行いましょう。

【水分補給をしよう】

 朝起きてまず、コップ1杯の水を飲みましょうという言葉を良く聞きますよね?

 その理由としては寝ている間に汗をかき血液中の水分が失われ血液濃度が高くなり、血液がドロドロしているからです。

 ドロドロ血液だと血栓ができやすく心臓疾患など病気のリスクが高まります。

 そのままジョギングを開始してしまうと危険なので必ずお水を飲んでから始めましょう。

【低血糖症状に注意】

 朝食前にランニングをすると血糖値の関係で痩せやすいと説明してきましたが、空腹であると言うことは、普段でも経験がある方もいるかもしれませんが、ふらついたり、力が入らなかったりすることがあります。

 また低血糖の症状が進行すると、冷や汗やしびれ、痙攣など重大な症状が出現する可能性があります。そういったことを予防するためにも出来れば走る前にはスープを飲んだり、飴やチョコを1個程度食べてから走ると良いでしょう。

夜ランニングをする効果

【筋肉や心肺機能がアップ】

 夜は日中の活動のおかげで深部体温が高い状態なので、筋肉や関節が柔らかく動きやすい状態です。

 身体が温かいのでランニングなどの有酸素運動をすると効果が出やすく、筋力アップなどを目的にしている人にはオススメです。

【成長ホルモン促進】

 成長ホルモンによって疲労回復や筋肉強化などが行われています。この成長ホルモンは夜間寝ているときと、運動後に多く分泌されているものなので、夜にランニングをしてぐっすり眠れば普段より疲労回復され翌朝はスッキリしています。

【ストレス解消】

 1日働いて、ストレスを多く感じている人も多いと思います。上手に発散させられれば良いのですがそんな時にはランニングがオススメです。

 夜は朝より時間の確保がしやすく、周りも暗く時間を気にせずに自分のベースで没頭できますし、走ることで気分が晴れてスッキリ出来るので良いでしょう。

夜ランニングをする時の注意

【暗いので周りに注意】

 夜は暗いので、周りの人からランナーは見えづらいです。走るときには反射するものを身につけたり、ライトを付けたり少し見えるように工夫が必要です。

【女性は特に注意】

 女性が夜に走るときには出来れば1人で走らず、2人以上で走りましょう。また、細い道路をさけ出来るだけ大通りで人がいそうな場所などにしましょう。

【食事30分前~食後は2時間後ぐらい】

 ご飯を食べる前に走るなら、30分前までに、食後なら2時間後ぐらいに走ると胃腸に負担をかけないので時間帯には気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ